• INFO
  • 2020.12.01

山田愛選手がアメリカプロリーグ公開トライアウトに日本人初挑戦!

プロバスケットボールプレイヤーの山田愛選手が、日本人で初めてアメリカプロバスケットボールリーグ(WNBA)の公開トライアウト(コンバイン)に挑戦。

このコンバインは、プロ選手であることが参加条件で、一次審査を通ったWNBA入りを目指す世界中のプロ選手が参加。12月12日(土)の1日間、トレーニングやゲームをして、それをアメリカプロリーグ(WNBA)や国際バスケットボール連盟(FIBA)の公認エージェントや複数のコーチが評価し、有力エージェントやコーチの目に止まれば、アメリカ(WNBA)を始め、海外のチームとの契約に繋がる可能性がある。

山田愛選手は2020年からオーストラリアでプロ選手として活動を始める予定だったが、新型コロナウイルスの影響で帰国を余儀なくされたため、今回海外に再度挑戦。
そして、アジア王者の日本女子バスケの実力をアピールし、契約を勝ち取ることで、日本の女子プレイヤーの海外への道を開拓する挑戦が始まる。

【コンバイン概要】
◆参加条件
・プロとしてプレーしたことがある
・プレーのハイライト動画や経歴書を事務局に送り、一次審査を通った人のみが参加できる
◆日程
2020年12月12日(土) 午前9時から午後4時 
(日本時間 12月13日(日)午前2時〜9時)
◆場所
ラスベガス,ネバダ州 アメリカ

【挑戦コメント】
日本トップリーグ・WリーグのJ X(現・E N E O S)で5年間プレーし、日本一を経験。2019年日本のプロを辞め、単身でオーストラリアへ。誰1人知らない土地で1から活動を開始しました。
三度目の膝前十字靭帯損傷後のリハビリから、プロ契約を結んだもののコロナにより試合が中止、ビザがなくなり帰国。再度海外に挑戦したいという思いから、今回のコンバインでWNBAに挑戦することを決意しました。
また、挑戦するもう一つの理由は、アジアで優勝している日本の女性プレーヤーが、なかなかアメリカや世界に知られていないためです。日本の女子プレイヤーに、海外に挑戦する道があることを伝え、挑戦できる環境作りを目指す。また、日本女子バスケを世界に伝える開拓者となるために挑戦を決意しました。

【クラウドファンディング】
コンバイン挑戦にあたり、クラウドファンディングを実施中。
期間:2020年11月18日(水)~12月8日(火)
https://camp-fire.jp/projects/view/342511#menu

山田愛

Twitter

Instagram

RELATED NEWS

LATEST NEWS

  • EVENT

北陸バスケットボール復興支援【HOKURIKU PLAYGROUND Renovation Project】が発足! クラウドファンディングが4月23日(火)19時スタート! 各界の著名人より応援コメントも続々集結!

公園やストリートから日本のバスケを盛り上げていく活動を行っている一般社団法人ピックアッププレイグラウンド(代表理事/秋葉直之 ※以下PUP)が、能登半島地震の復興支援の一環として、石川県の内灘町総合公園(石川県河北郡内灘