• PRODUCTS
  • 2020.08.19

SB DUNK LOW x MEDICOM TOY ‘BE@RBRICK’

高性能バスケットボールシューズとしてコートに登場後、スケートボード界でも人気が沸騰したダンク。ひと目でわかるシルエットが、スケートカルチャーのシンボルとして愛されてきた。そのダンクによく似た経路で、世界的な名声を手にしたブランドが日本のMEDICOM TOYだ。アート、音楽、スニーカー、フィギュアなどが集まる文化の交差点で、ジャンルや国の境界線を越えた存在感を示している。このダンクの存在感を表現しているのが、今回ブランドとして打ち出メッセージ‘Go Big or Go Big’だ。

ナイキ SBは、ブランド黎明期からMEDICOM TOYとのコラボレーションを重ねてきた。2010年に発売されたエア フォース 1 HIGHは、黒いフェイクファーに包まれたデザインが話題に。同様の素材で、MEDICOM TOYの人気キャラクター「ベアブリック」(BE@RBRICK)にオマージュを捧げたのがこの最新作だ。シュータンとかかとの横に刺繍のロゴを縫い込み、ヒールタブとミッドソールの白さが鮮やかなアクセントをプラス。両ブランドを融合させたインソールは、抽象画のようなイラストでコレクターズアイテムとしての魅力を決定づけている。


SB ダンク LOW X MEDICOM TOY

BE@RBRICK
¥14,850
8/25 9:30 より販売開始

SB DUNK LOW x MEDICOM TOY 'BE@RBRICK'

RELATED NEWS

LATEST NEWS

  • EVENT

北陸バスケットボール復興支援【HOKURIKU PLAYGROUND Renovation Project】が発足! クラウドファンディングが4月23日(火)19時スタート! 各界の著名人より応援コメントも続々集結!

公園やストリートから日本のバスケを盛り上げていく活動を行っている一般社団法人ピックアッププレイグラウンド(代表理事/秋葉直之 ※以下PUP)が、能登半島地震の復興支援の一環として、石川県の内灘町総合公園(石川県河北郡内灘