• OTHERS
  • 2019.09.18

NBAダラス・マーベリックスから正式オファー!馬場雄大が初となるBリーグからNBA挑戦へ!!

筑波大学在籍時にプロデビューを果たし、アルバルク東京ではBリーグ2連覇。日本代表でもめきめき頭角を現し、ワールドカップでも非凡な才能を発揮。大敗したアメリカ戦では18得点とひとり気を吐いた馬場雄大が、NBAダラス・マーベリックスへの移籍を表明。気になる契約内容は渡米後に決めるというものの、初めてBリーグからNBAへ挑戦する開拓者となることは間違いない。

9月17日に所属するアルバルク東京のホームタウンである立川市でおこなわれた記者会見で、トヨタアルバルク東京社長の林氏は冒頭でこう語った。

「このたび、馬場雄大にNBAダラス・マーベリックスより正式なオファーがありました。Bリーグ連覇に貢献し昨シーズンのチャンピオンシップではMVPを獲得しており、これからの成長が楽しみな選手です。入団時から海外挑戦とくにNBAへの強い意志がありました。サマーリーグで大きな活躍をしたことにより今回のオファーに繋がりました。Bリーグの開幕は来月5日にせまっており、クラブとしても大きな決断となりましたが、Bリーグから世界へ。その開拓者になってもらいたい。アルバルクから世界へ羽ばたく選手として大きな支援していきたい」

NBAサマーリーグで見せたフィジカルのポテンシャルやプレースタイルにマーベリックスが興味を持ち、この度契約に向けたトレーニングキャンプに参加する馬場雄大。Gリーグからのスタートになるか、渡邊雄太のように2ウェイでの契約になるのか気になるところだが、本人はチャレンジへの意欲をこう話した。

「サマーリーグから始まって、トレーニングキャンプから自分のバスケットボールを見せてこういう経緯になりました。NBA、アメリカでプレーする夢の第一歩がやっと始められることにわくわくしています。決して自分だけの力ではこの舞台には立てなかったので、感謝の気持ちを忘れずに突き進んでいきたい」

NBAとの契約を勝ち取れば、BリーグからNBAへいく開拓者となる。NBAを夢見る日本の大学生にとっても道を切り開くことになるはずだ。

「やっぱり不可能はないということを伝えたい。僕も日本の大学からこうしてここに座っていますし、その時はただの漠然とした夢でしたが、それを発信することにより、どんどん現実になってきた。ひとつ軸を持ち信念をもってやれば夢は実現できると体感したので、大きな夢を持ってやってもらいたい」

渡米後、まずはトレーニングキャンプに参加する。ロスターを勝ち取るには厳しい競争を勝ち抜かねばならない。

「オフェンス、ディフェンス両方ハードワークできて、コンスタントに強度の高い集中力を持続させること。向こうの考え方に早くアジャストして監督が求めるバスケットスタイルを理解していきたい」

W杯アメリカ戦での折れないメンタルを見た者であれば、新しい環境でもたくましい姿を想像してしまう人は少なくないはずだ。Bリーグから初となるNBA選手誕生はまもなく実現することになるだろう。

YUDAI BABA

Instagram
Twitter

RELATED NEWS

LATEST NEWS

  • EVENT

北陸バスケットボール復興支援【HOKURIKU PLAYGROUND Renovation Project】が発足! クラウドファンディングが4月23日(火)19時スタート! 各界の著名人より応援コメントも続々集結!

公園やストリートから日本のバスケを盛り上げていく活動を行っている一般社団法人ピックアッププレイグラウンド(代表理事/秋葉直之 ※以下PUP)が、能登半島地震の復興支援の一環として、石川県の内灘町総合公園(石川県河北郡内灘