• INFO
  • 2020.09.29

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT x ART」が10月10日(土)オープン

ナイキジャパングループ合同会社は、三井不動産レジデンシャル株式会社と共同で、すべてのアスリート*が気軽にスポーツを日常化でき、コミュニティと共にスポーツの新たな体験を生みだすスポーツパークの新しいコンセプト「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART(トーキョー スポーツ プレイグラウンド サポ―テッド バイ スポーツ バイ アート)」を10月10日(土)にオープンします。ナイキは、パークのデザインを担当し、東京のスポーツを楽しく刺激的な体験を創出できるようデザイン面もよりインクルーシブで鮮やかなスポーツパークに仕上げました。

東京は世界の大都市と比べてみてもスポーツをする場所が少ないという課題があります。また、そのような環境の中、日本の今の若い世代はスポーツをすることが少なく、アクティブではない世代と言われています。ナイキは、子どもから大人まで遊び心をもってスポーツに参加できる場を提供することで、“スポーツの日常化”という課題に取り組んでいきます。また、NIKEアプリを中心にデジタル・エコシステム(nike.com, Nike Training Clubアプリ, Nike Running Clubアプリ, SNKRSアプリ)を活用しながら、パークと近隣地域をはじめ、様々なコミュニティや利用者がプログラミングやイベントを通じて、一緒にスポーツ体験を作り上げることで参加のモチベーションを高めてまいります。

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」の設計には、インクルーシブデザインを取り入れ、子どもから大人、スポーツの経験やスキル、障がいの有無に関係なく、すべてのアスリート*を最大限サポートしストレスなくスポーツを楽しむことができる環境になっています。全長約280メートルのランニングトラック、3×3のバスケットボールコート、初心者でも楽しむことができるスケートボードプラザを中心に、広場では回転遊具などもあり、ヨガやダンスなど様々なスポーツを楽しむことができます。さらに、段差がなく、勾配角度5%未満にしたバリアフリーデザインも取り入れたことで車いすの方でもパーク内を移動でき、スケートボードプラザの回転遊具では、エリア内の様子を360度見渡すことができる設計となっています。

ランニングトラック・バスケットボールコート・広場などのフロア素材には、ナイキ製品の製造工程で発生する廃材や使用済み製品を再利用したNike Grind(ナイキ グラインド)を使用しています。二酸化炭素排出ゼロを目指し、地球環境、そしてスポーツの未来を守ることをコンセプトにサステナブルデザインも取り入れたスポーツパークです。

ナイキは、健康でい続けることが今まで以上に重要であると信じています。「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」を通じて、ナイキと三井不動産レジデンシャルはスポーツする場所を提供し、人々が安全に集まり、活動し、楽しみ、スポーツができる場として、スポーツ文化の浸透とスポーツを通じた地域コミュニティ醸成を目指していきます。

アスリート*: IF YOU HAVE A BODY, YOU ARE AN ATHLETE(身体さえあれば誰もがアスリートである)-共同設立者ビル・バウワーマン

【施設概要】
TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT× ARTは、6つのエリアからなり、それぞれのエリアで様々なスポーツを楽しむことができます。また、クラブハウスにはシャワー ロッカールームがあり、スポーツを快適に楽しめるようになっています。また、本施設は、オレゴン州ポートランドにあるインクルーシブ・プレイグランドのデザインをサポートする非営利団体「ハーパーズ・プレイグラウンド」 とナイキが共同でデザインしています。

パークは日本でも人気の高かったシューズからインスピレーションを得たデザイン
各年代を代表する6つシューズからインスピレーションを得たデザインを各エリアにグラフィックで表現し、ナイキ の歩みをパーク内に記しています。ランニングトラックのデザインは1960年代を「はじまりのものがたり」と題しコルテッツから、遊具がある広場のデザインは1970年代を「ナイキブランドの誕生」と題しワッフル トレーナーから、ジャングルジムのデザインは1980年代を「新しい場所へ」と題しラバハイから、3×3のバスケットコートのデザインは1990 年代を「世界中に羽ばたく」と題しエア レイドから、スケートボードプラザのデザインは2000年代を「スポーツとストリートの出会い」と題しSB ダンク から、パークを一望できる高台のデザインは2010年代を「エアの進化」と題しエア マックスからインスピレーションを得ています。

TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT x ART

開設期間:2020年10月10日(土)~2021年9月20日(月・祝)
営業時間:平日15:00~21:00、土日祝日10:00~21:00
入場無料。ご利用に際してはナイキアプリからの事前予約が必要です。なお、イベントなどにより営業時間が変更になる場合があります。詳細は施設webサイトをご覧ください。

https://tokyo-sp.com/

RELATED NEWS

LATEST NEWS

  • EVENT

北陸バスケットボール復興支援【HOKURIKU PLAYGROUND Renovation Project】が発足! クラウドファンディングが4月23日(火)19時スタート! 各界の著名人より応援コメントも続々集結!

公園やストリートから日本のバスケを盛り上げていく活動を行っている一般社団法人ピックアッププレイグラウンド(代表理事/秋葉直之 ※以下PUP)が、能登半島地震の復興支援の一環として、石川県の内灘町総合公園(石川県河北郡内灘