• INFO
  • 2020.08.07

ラッパー J.coleがNBA入りを目指し本格トレーニングを開始?

アメリカを代表するラッパーであるJ.coleがNBAに挑戦するべく本格トレーニングを開始したようだ。
J.coleといえば2019年にノース・カロライナ州シャーロットのスペクトラム・センターで行われたNBAオールスター・ゲーム2019のスラムダンクコンテストに出場した友人のDennis Smith Jr.へアリウープパスを出したり、ハーフタイムショウでパフォーマンスを行った記憶があるかと思う。

J.coleとPUMAでパートナーシップ契約を結んでおりコラボモデル「RS-Dreamer」の発売とともにショートフィルム「The DREAMER」を発表していて、このショートフィルムは、「この瞬間を10年間イメージし続けてきた」とJ.coleはTwitterに投稿しており、決して置き去りにできない自身の夢をテーマにしたフィルムはボーラーマインドがしっかりと表現されていて、J.cole自身の幼少期の姿も確認でき、ナレーションには御大のMaster Pが務めている。

Master Pはラッパーとして活躍し代表曲はMake ’Em Say Ughなどがあり、NBAでは1998年から1999年にシャーロット・ホーネッツとトロント・ラプターズでプレーしていた実績がある。

そんな、Master PがTMZの取材に「J.coleは真剣にNBAプレイヤーを目指している」とコメントした。

学生時代にバスケに勤しんでいたJ.coleはロングシュートなどの実力は今でも健在。

しかし、J.coleは現在、35歳であり本来であれば現役引退する年齢ではある。NBA選手からラッパーやシンガーになる選手もいる選手もいる中、ラッパーからNBA選手になるのは中々難しいのでは?と思う方もいるのではないか。
ファンとしてJ.coleがNBAで活躍する姿を見てみたい!!と思っていた矢先にデトロイト・ピストンズがJ.coleへトライアウトのオファーを出したようだ。

もしこれが実現して入団決定したら、また違った見方でNBAを楽しむことができるかもしれない。
今後の動きを要チェックだ!

Puma

Puma

RELATED NEWS

LATEST NEWS

  • EVENT

北陸バスケットボール復興支援【HOKURIKU PLAYGROUND Renovation Project】が発足! クラウドファンディングが4月23日(火)19時スタート! 各界の著名人より応援コメントも続々集結!

公園やストリートから日本のバスケを盛り上げていく活動を行っている一般社団法人ピックアッププレイグラウンド(代表理事/秋葉直之 ※以下PUP)が、能登半島地震の復興支援の一環として、石川県の内灘町総合公園(石川県河北郡内灘