• PRODUCTS
  • 2020.05.21

AIR JORDAN 13 RETRO ‘FLINT GREY’

マイケル・ジョーダンにとって最後のプレーオフシリーズとなった1998年、MJは卓越した能力を発揮して試合を締めくくり、最後のチャンピオンリングを獲得。そして彼の所属するチームはスリーピートを2回達成した初のチームとなった。MJがコートで見せる攻撃的な姿と黒豹をヒントにしたエア ジョーダン 13は、彼がGOATの地位を確立した運命の年に履いていたシューズだ。

「Flint Grey」は、エア ジョーダン 13から最初に登場したカラーの1つ。かつてないほどオリジナルに忠実な仕上がりとなっている。アッパーに配されたリフレクティブ(再帰反射)素材のディテールは当時と同じように輝きを放ち、つま革のブルーのシェードカラーはオリジナルバージョンのネイビーの色合いにマッチするデザイン。また、この特別バージョンのエア ジョーダン 13では、オリジナルモデルの成型ソックライナーを継承し、ゲームに対応するフィット感と履き心地を実現する。シューズボックスでも、初期バージョンのデザインを再現している。

HERITAGE
エア ジョーダン 13 レトロ
ノースカロライナに王座をもたらすウィニングショットを決めて以来、マイケル・ジョーダンは常にバスケットボール界のトップを走り続けてきた。1985年、初めてとなるエア ジョーダン 1を履いてコートに立ったジョーダン。次々とリーグの常識を破り、対戦相手を翻弄し続けることで、世界中のファンの心をわしづかみにした。


エア ジョーダン 13

FLINT GREY
¥23,100
5/30 9:00 より販売開始

AIR JORDAN 13 RETRO 'FLINT GREY'

RELATED NEWS

LATEST NEWS

  • EVENT

北陸バスケットボール復興支援【HOKURIKU PLAYGROUND Renovation Project】が発足! クラウドファンディングが4月23日(火)19時スタート! 各界の著名人より応援コメントも続々集結!

公園やストリートから日本のバスケを盛り上げていく活動を行っている一般社団法人ピックアッププレイグラウンド(代表理事/秋葉直之 ※以下PUP)が、能登半島地震の復興支援の一環として、石川県の内灘町総合公園(石川県河北郡内灘