• INFO
  • 2020.04.25

B.LEAGUEが2020-21シーズンの地区分け・シーズン終了後の昇降格を発表

B.LEAGUEが2020-21シーズンのB1・B2それぞれの所属チームおよび地区分け、そして2020-21シーズン終了後の昇降格の取り扱いを発表。

2020-21シーズンは、B1:20クラブ、B2:16クラブの計36クラブが下記の地区に分かれリーグ戦を行う。また、シーズン終了後は、B2からB1に2クラブが自動昇格し、その他の昇降格は行わない。それに伴い、B1残留プレーオフおよびB1・B2入替戦、B2・B3入替戦は実施しないことが決定された。

<2020-21シーズン 地区分け>(★印が昇格)

【B1】
東地区:北海道、秋田、宇都宮、千葉、A東京、SR渋谷、川崎、横浜、新潟、富山
西地区:★信州、三遠、三河、名古屋D、滋賀、京都、大阪、島根、★広島、琉球

【B2】
東地区:青森、仙台、山形、福島、茨城、群馬、越谷、東京Z
西地区:FE名古屋、西宮、奈良、香川、愛媛、福岡、★佐賀、熊本

<2020-21シーズン終了後の昇降格>
【B1・B2】 自動昇格:2枠(※)
【B1・B2】 降格なし
【B2・B3】 昇降格なし
※B2から昇格する2クラブの決定方法は、決定次第発表

B.LEAGUE

https://www.bleague.jp/

RELATED NEWS

LATEST NEWS

  • EVENT

北陸バスケットボール復興支援【HOKURIKU PLAYGROUND Renovation Project】が発足! クラウドファンディングが4月23日(火)19時スタート! 各界の著名人より応援コメントも続々集結!

公園やストリートから日本のバスケを盛り上げていく活動を行っている一般社団法人ピックアッププレイグラウンド(代表理事/秋葉直之 ※以下PUP)が、能登半島地震の復興支援の一環として、石川県の内灘町総合公園(石川県河北郡内灘