• PRODUCTS
  • 2020.03.12

ナイキ ISPA インフレート ジャケットが登場

ISPAの“I”はimprovise(即興)、つまりデザインに即興的なアイデアを求めることです。またISPAのコンセプトには、「最初に思い浮かんだ答えだけでなく、さらに良い答えがないか模索を続けること」という原則があります。今回発表された「ナイキ ISPA インフレート ジャケット」には、ナイキが模索を繰り返しながら進歩を遂げていく精神が強く表現されています。

内部の青いブラダーが特徴的なこのジャケットは、手動で空気を入れ込み、厚さを変えられる仕組みとなっています。1日の気温変化が大きく感じられる春に、一枚のガーメントでその気温変化に快適に対応します。

このISPA インフレート ジャケットのソリューションには歴史があり、2006年に空気の出し入れができる機能に工夫を凝らし、スタイリッシュにデザインされたアパレルである「ナイキ エア ヴァンテージ」が展開されました。今回は、そのイノベーションをそのまま採用しているわけではありませんが、1つのアイデアを元にデザインを考えた結果、新しい形が生まれました。それにより大胆かつ新しいシルエットが登場しました。

ナイキ ISPA インフレート ジャケットは3月13日から、NIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5、DSM GINZA、その他一部の販売店で発売予定です。

NIKE

https://www.nike.com/jp/

RELATED NEWS

LATEST NEWS

  • EVENT

北陸バスケットボール復興支援【HOKURIKU PLAYGROUND Renovation Project】が発足! クラウドファンディングが4月23日(火)19時スタート! 各界の著名人より応援コメントも続々集結!

公園やストリートから日本のバスケを盛り上げていく活動を行っている一般社団法人ピックアッププレイグラウンド(代表理事/秋葉直之 ※以下PUP)が、能登半島地震の復興支援の一環として、石川県の内灘町総合公園(石川県河北郡内灘