• INFO
  • 2021.07.28

ワシントン・ウィザーズのロビン・ロペスが“バスケ漫画”をプロデュース!

ワシントン・ウィザーズで八村塁選手のチームメイトであるロビン・ロペス選手が、双子の兄弟であるブルック・ロペスと共にバスケ漫画をプロデュース。

タイトルは『Transition Game(トランジション・ゲーム)』で、主人公はカリフォルニア州サンディエゴ出身、15歳のバスケ少年、キャメロン・フォード。そして物語の舞台はなんと沖縄の離島。

日本を舞台にしたのは『SLAM DUNK』の影響があったとのことで、八村塁選手から聞いた日本の高校バスケの話をストーリー作りの参考にし、作画は『SLAM DUNK』でチーフアシスタントを務めた経験を持つTATSUZ氏が担当している。

【Transition Game公式ウェブサイト】
https://transitiongame.com/ja

Transition Game

https://transitiongame.com/ja

RELATED NEWS

LATEST NEWS

  • EVENT

北陸バスケットボール復興支援【HOKURIKU PLAYGROUND Renovation Project】が発足! クラウドファンディングが4月23日(火)19時スタート! 各界の著名人より応援コメントも続々集結!

公園やストリートから日本のバスケを盛り上げていく活動を行っている一般社団法人ピックアッププレイグラウンド(代表理事/秋葉直之 ※以下PUP)が、能登半島地震の復興支援の一環として、石川県の内灘町総合公園(石川県河北郡内灘