• PRODUCTS
  • 2021.01.27

カシオとアシックスの価値共創事業がスタート

カシオ計算機とアシックスが、ランナー向けパーソナルコーチングサービス『Runmetrix (ランメトリックス)』の提供を皮切りに、スポーツを通して健康で活気ある社会の実現を目指した価値共創事業を開始する。

カシオがもつウエアラブルデバイスの開発力やセンシング技術のノウハウと、アシックスがもつスポーツ工学の知見やデータという双方の高い技術を生かし、スポーツ・健康市場においてユーザー一人一人にパーソナライズされた体験の提供が今後進められていく。

この共創事業の第一弾として、ランナー向けパーソナルコーチングサービス『Runmetrix』の提供を1月27日(水)開始。両社の強みを生かしたアプリと端末で、初心者から上級者まで、ランナーの目的やレベルに合わせたパーソナルコーチングを実現する。

またこの『Runmetrix』の提供開始を記念して、“G-SHOCK”とコラボレーションしたランニングシューズも発売される。


Runmetrix (アプリケーション)
価格:無料
提供開始:1月27日(水)

GSR-H1000AS-SET(G-SHOCK/モーションセンサー)
価格:57,200円
発売日:3月4日(木)

CMT-S20R-AS(モーションセンサーのみ)
価格:14,080円
発売日:3月4日(木)

NOVABLAST
価格:17,000円
発売日:3月4日(木)


【Runmetrix】
トップランナー層では、自身の走り方をデータ化し、専門知識をもつコーチの指導を受けるといった取り組みが積極的に行われていますが、一般ランナーにとって、そうした機会は多くありません。その課題を解決するために、今回のパーソナルコーチングサービスを開発しました。

GPSや9軸センサーを搭載したモーションセンサー『CMT-S20R-AS』を腰に装着して走ることで、走行距離やペース、ピッチ、ストライドに加えて、体幹の傾きや骨盤の回転、接地衝撃などフォームに関する指標を多数算出。それらの指標をもとに、アプリ上にて3Dフォーム分析や改善のためのアドバイスを掲示し、目的に合わせた練習プランや、解析結果をもとに提示されるストレッチ、筋力トレーニングからなる“からだづくりプログラム” を作成します。

“G-SHOCK”『GSR-H1000AS』を活用すると、ランニング中にペースや距離、心拍などの情報も確認でき、さらにモーションセンサーと連携することで、フォーム指標をリアルタイムで確認することや、フォームの乱れを検知して通知することも可能です。

Runmetrix

https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/running/motionsensor