SOMECITY 2019-2020 TOKYO 1st 第5戦

SOMECITY 2019-2020 TOKYO 1st 第5戦
2019年7月3日(水)
Open 18:45 / Start 19:15
クラブチッタ川崎
https://www.somecity.tv/event/642

SOMECITY 2019-2020 TOKYO 1st 第5戦 プレビュー

【GAME1】

TOKYO BEAST(1勝3敗) vs SUNDAY CREW(1勝3敗)

SOMECITY TOKYOも、いよいよ後半戦に突入。【GAME1】は、敗者のPLAYOFF進出が消滅する、裏・天王山だ。前評判の高かったTOKYO BEASTは、ここまで僅か1勝の苦しい状況が続く。さらに、前節で大怪我を負った#13 SOGEN a.k.a.Warriorが負傷離脱。残りの3戦をエース抜きで戦うことを余儀なくされてしまった。今季から鳴り物入りで加入した#10 UME(ex.In Your Face/SOMECITY NAGOYA)も、現役大学生ボーラー・#24 HIROKIも、ゲームをDOMINATEするだけのインパクトは残せていない。主役不在のチームを救う、ヒーローの出現が待ち望まれる。対するSUNDAY CREWも、崖っぷちの状況は変わらない。スラムダンク奨学生・#10 TaigaやBリーガー・#55 SAMがシーズン途中から合流するも、ここまで勝ち星には恵まれていない。かつての特徴だったハッスルプレーは、今やSOMECITYのスタンダード。勝利を手繰り寄せるには、+αのオリジナル・ワンが必要だ。

【GAME2】

TEAM-S(2勝2敗) vs SIMON(3勝1敗)

続く【GAME2】は横濱ダービー。ストリートボール黎明期から第一線に君臨し続ける、2つのパイオニアが合間見える。組織的なディフェンスと、#24 GENAYAと#31 SHUNPEIのツインシューターで勝負するTEAM-S。#34 TSUBASAや関東1部リーグで活躍する#12 Kingなど、将来有望な若手ボーラーを抱える”能力者軍団”SIMON。上回るのは、チームワークか、個の力か。PLAYOFF進出を賭けた、絶対に負けられない戦いが幕を開ける。

【GAME3】

KIDROC(3勝1敗) vs F’SQUAD(1勝3敗)

【GAME3】は、「2年前なら」、この1GAMEだけでお金を払う価値があった”激アツ”なマッチメイク。気づけば両者の立場は完全に逆転してしまった。かつて”無冠の帝王”だったKIDROCは、2018-2019 THE FINALのCHAMPION TEAMに。SOMECITYのモデルチームとして、圧倒的な人気と実力を有していたF’SQUADは、レギュラーチームの座すら危うい立場に。時代の流れは残酷だ。KIDROCのKO勝利は目に見えている。#09 KOJI a.k.a.Baby Shaqのフィジカルを活かしたアタックは今のFに止めようがないし、リバウンドやルーズボールは#05 NARUSEが全て掻っ攫ってしまうだろう。成長著しいポイントゲッター・#2 Evaと、チーム随一のハイライトメーカー・#13 RYUSEIに火が点けば、あっという間にゲームオーバーだ。それでも、何かを期待している自分がいる。かつて”小さな魔法使い”と呼ばれた彼等が起こす奇跡を、もう一度観たいと願ってしまう。古参のストリートボールフリークならご存知のはずだ。初期SOMECITYのキャッチフレーズ『何かが起こる場所』は、F’SQUADのためにあるような言葉だったことを。そのFの絶対的ファーストオプションとして、勇猛果敢なペネトレイトで幾多のAND1を奪った闘将・#7 K-TA。彼の雄叫びをイエローコートで最後に聞いたのはいつだったか。最後にON FIREしたのはいつだったか。5人制フルコートも、3なんちゃら3も関係ない。そこにリングとボールがある限り、相手が誰であろうとタフにアタックし続けるのが、アスファルト・ミノタウロスのプレースタイルだった。これはゲームプレビューであり、同じ時代を生きた1人のストリートボーラーに対するエールでもある。予定調和のKO決着を防げるのは、貴方しかいない。シグネチャームーヴのクロスオーバーが、ビッグショットを決めた後のSWAGが、もう一度観たい。

【MAIN GAME】

平塚Connections(2勝2敗)vs BLACKTOP(3勝1敗)

先日行われた毎年恒例のスピンオフイベント・SOMECITY PLAYGROUND。もしこの日のMIPを、ゲストボーラー・KING HANDLESを除いて1人だけ挙げるなら、きっと真っ二つに票が割れるだろう。1人目のMIPは、平塚Connectionsのキャプテン・#9 CHIHIROだ。”SAMURAI SWORD”と称される切れ味抜群のドライブインは錆びつくことを知らない。35歳を迎えた今尚、日本ストリートボールシーン最強の1人に数えられる大ベテランである。そしてもう1人のMIPは、2年前に彗星の如くストリートボールシーンに現れた#0 OTO。今季はFRONTOOTH(SOMECITY OSAKA)からBLACKTOPに電撃移籍を果たし、TOKYOデビュー戦となった前節でもチームのほぼ全得点を叩き出した。”OTO SYSTEM”と呼ばれるゾーンに入ったが最後、何人たりとも彼のシュートを止めることはできない。誰が何と言おうと、第5戦の【MAIN GAME】の見所は、彼等2人のマッチアップと1on1に尽きる。ティップオフ直後のファーストプレーは、アイソレーションからの1on1がTOKYOの掟だ。イエローコートをぐるりと囲むオーディエンスには、存分に煽っていただきたい。GOODプレーには、タガが外れたような歓声を、BADプレーには、容赦ないブーイングを。1on1からシュートをメイクしたら、”やられたらやり返す”アンサーの要求を。僕たちの非日常なPLAYGROUNDを、存分に楽しんでいただきたい。

SOMECITY

MOST POPULAR

あなたの知らないカイリー・アービングについての10の事柄

OTHERS | JAN. 10, 2015

「アンダーアーマー ブランドハウス新宿 」が9月13日(金)オープン!

OTHERS | AUG. 20, 2019

バッシュ界に革命を起こすUAカリー6

FEATURE | DEC. 26, 2018