令和最初のレギュラーシーズンMVPは富樫勇樹が受賞!「B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19」が六本木ヒルズアリーナで華々しく開催 ! !

OTHERS | MAY. 16, 2019

2019年5月15日、今シーズンのBリーグを締めくくる「B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19」が六本木ヒルズアリーナで開催。司会は俳優の別所哲也と元新体操日本代表で活躍した畠山愛理がつとめ、インタビュワーには佐々木 クリス、プレゼンターには澤穂希(サッカー)、高梨沙羅(スキージャンプ)、吉田亜沙美(バスケットボール)、有森裕子(マラソン)、平野早矢香(卓球)、杉本美香(柔道)が登壇。GQジャパンのプロデュースでドレスアップした各受賞者たちが令和はじめてのアワードショーを盛り上げた。


B1に所属する選手、ヘッドコーチ、に加えメディアによる投票で決定するベスト5、そして注目のMVPが、今シーズンのBリーグを象徴する活躍をみせた、選手、クラブ、関係者などを称える「B.LEAGUE AWARD SHOW 」で発表された。







ファイナルこそアルバルク東京に敗れはしたが、レギュラーシーズン最高勝率のチームを牽引した富樫勇樹が最優秀選手賞を初受賞。会場では恩師である中村和雄氏や実父である富樫英樹から貴重なエピソードが流れた。それを落ち着いた表情で見届けた富樫は下記のように語った。


「中村先生のもと、生まれたときから指導していただき、中学を卒業してから’’バスケ界のカズになれ’’と言われてアメリカに留学しましたが、いろんな経験を経て少しだけ近づけたんじゃないかと思います。167cmと小さい僕ですが、たくさんの子供たちに勇気や希望を与えられるんじゃないかと思い、日々頑張っています。たくさんの人のサポートのおかげでいまの自分があります。感謝の気持ちを忘れず、情熱を忘れずに大好きなバスケットをやっていきたい」

富樫は3年連続3回目となったベスト5に加えベストタフショット賞にも輝き、日本代表の若き司令塔は名実ともに日本NO1ポイントガードとして認められた。ベスト5には、遠藤祐亮、ダバンテ・ガードナーが初受賞、田中大貴と金丸晃輔は3年連続選出された。ベスト6thマンには馬場雄大、新人賞には岡田侑大が選出され、他にも1万得点を達成した大ベテラン折茂武彦が特別賞を受賞。21年ぶりのワールドカップ、44年ぶりのオリンピック出場を決めたバスケットボール男子日本代表チームにBREAK THE BORDER賞が贈られた。




【個人表彰】

<B1>

レギュラーシーズン最優秀選手賞|富樫勇樹(千葉ジェッツ #2)※初受賞
レギュラーシーズンベスト5|
 遠藤祐亮(栃木ブレックス #9)※初受賞
 富樫勇樹(千葉ジェッツ #2)※3年連続3回目
 田中大貴(アルバルク東京 #24)※3年連続3回目
 ダバンテ・ガードナー(新潟アルビレックスBB #54)※初受賞
 金丸晃輔(シーホース三河 #14)※3年連続3回目
ベスト6thマン|馬場雄大(アルバルク東京 #6)※初受賞
新人賞|岡田侑大(シーホース三河 #30)
ベストディフェンダー賞|遠藤 祐亮(栃木ブレックス #9)※2年ぶり2回目
最優秀審判賞|加藤誉樹(#77)※3年連続3回目
最優秀ヘッドコーチ賞|ルカ・パヴィチェヴィッチ(アルバルク東京)※2年連続2回目
チャンピオンシップ最優秀選手賞|馬場雄大(アルバルク東京 #6)※初受賞

<B2>

レギュラーシーズン最優秀選手賞|トーマス・ケネディ(群馬クレインサンダーズ #1)※初受賞
プレーオフ最優秀選手賞|石川 海斗(信州ブレイブウォリアーズ #11)※初受賞

【B.LEAGUE特別表彰】

タフショット賞|富樫勇樹(千葉ジェッツ #2)※初受賞
レギューラシーズンMIP|柏木真介(新潟アルビレックスBB #3)・五十嵐圭(新潟アルビレックスBB #7)※初受賞
特別賞|折茂武彦(レバンガ北海道 #9)※初受賞
マスコットオブ・ザ・イヤー | ジャンボくん(千葉ジェッツ)※2年連続2回目
入場者NO1クラブ|千葉ジェッツ ※3年連続3回目
ソーシャルメディア最優秀クラブ|アルバルク東京 ※初受賞
ホスピタリティNO1クラブ|シーホース三河 ※初受賞
BREAK THE BORDER賞|バスケットボール男子日本代表チーム ※初受賞

【リーダーズ表彰】

<B1>

得点王|ダバンテ・ガードナー(新潟アルビレックスBB #54)※2年連続2回目
アシスト王|ジュリアン・マブンガ(京都ハンナリーズ #32)※初受賞
リバウンド王|ジョシュ・ハレルソン(大阪エヴェッサ #55)※初受賞
スティール王|中山拓哉(秋田ノーザンハピネッツ #17)※初受賞
ブロック王|ガディーム・コールビー(秋田ノーザンハピネッツ #43)※初受賞
ベスト3P成功率賞|石井講祐(千葉ジェッツ #27)※初受賞
ベストFT成功率賞|金丸晃輔(シーホース三河 #14)※3年連続3回目

<B2>

得点王|トーマス・ケネディ(群馬クレインサンダーズ #1)※初受賞
アシスト王|ゲイリー・ハミルトン(バンビシャス奈良 #2)※初受賞
リバウンド王|グレゴリー・エチェニケ(島根スサノオマジック #8)※初受賞
スティール王|カレン・ルッソ(青森ワッツ #2)※初受賞
ブロック王|チュクゥディエべレ・マドゥアバム(山形ワイヴァンズ #14)※2年ぶり2回目
ベスト3P成功率賞|宮崎恭行(Fイーグルス名古屋 #1)※初受賞
ベストFT成功率賞|宮崎恭行(Fイーグルス名古屋 #1)※初受賞



B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19

MOST POPULAR

2人の若き才能がADIDAS EURO TOURで世界へチャレンジ!

FEATURE | MAY. 27, 2019

JORDAN BRAND SPECIAL INTERVIEW|KEMB…

FEATURE | JUL. 11, 2019

JORDAN MARS 270 ‘GREEN GLOW&#…

| JUL. 6, 2019

あなたの知らないカイリー・アービングについての10の事柄

OTHERS | JAN. 10, 2015