NBA公式戦が16年ぶり日本で開催決定!

INFO | MAR. 5, 2019


3月5日、「NBA Japan Games 2019 Presented by Rakuten」の開催が発表された。東西カンファレンスの強豪、ヒューストン・ロケッツとトロント・ラプターズが10月8日、10月10日の2日日間にわたりさいたまスーパーアリーナで16年ぶりのジャパンゲームをおこなう。

2017年の10月にRakutenがNBAとのパートナーシップ契約を締結してからNBAと日本の距離がぐっと縮まり、その時よりジャパンゲームの噂が絶えることはなかったが、ついに日本でのNBA公式戦の開催が発表された。過去1990年から2003年の間に実施されてきた今までのジャパンゲームにひけをとらない、ヒューストン・ロケッツとトロント・ラプターズというNBAでも東西の覇権争いをする好カードだ。ジェームズ・ハーデンにクリス・ポールに、カワイ・レナードやカイル・ラウリーが間近で観ることができる!









記者会見に登壇した楽天株式会社 代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏は「ワールドカップへの出場があったり、Bリーグも盛り上がっている。NBAを生で見れる機会があると、バスケ熱が上がって質も向上するんじゃないか」と期待をよせると、NBAアジア マネージング・ディレクターのスコット・リヴィー氏も「高いレベルのバスケットボールを世に見せることができる」と自信をののぞかせた。


特別ゲストとして登壇した栃木ブレックスの田臥勇太選手も「NBAがまた日本に来てくれることはホントワクワクしている。(僕のあと)何人かNBAに挑戦し続けて、渡邊雄太選手がNBAでプレーできるチャンスを広げてくれた」とNBAでプレーする日本人の活躍を嬉しそうに語った。

サッカーの世界ではバルセロナとのパートナシップ、世界的なプレーヤーであるイニエスタの獲得、そしてバスケットボールでもNBAをはじめ、ゴールデンステイト・ウォリアーズへのスポンサーなど世界のスポーツ市場をよく知る三木谷氏はこうも語った。

「スポーツエンターテイメントの完成度はNBAが世界ナンバーワンだと思う。完成度の高いものを持ってこれる、また日本のプロスポーツリーグが学ぶことがあって、子供たちが夢を持ってスポーツに取り組んでくれるようになってほしい」

ビデオ出演したNBAコミッショナー、アダム・シルバー氏が「日本のバスケットボールの未来は明るい」とコメントする場面があったが、男子日本大代表がワールドカップ出場を決め、NBAが16年ぶりにやってくるという事実は、今ままで以上に日本のバスケ熱を高めるに違いないだろう。日本のファンが待ちに待った「NBA Japan Games 2019 Presented by Rakuten」のチケット情報は特設サイトから順次案内されるのでチェックしよう!

「NBA Japan Games 2019 Presented by Rakuten」特設サイト

MOST POPULAR

2人の若き才能がADIDAS EURO TOURで世界へチャレンジ!

FEATURE | MAY. 27, 2019

JORDAN BRAND SPECIAL INTERVIEW|KEMB…

FEATURE | JUL. 11, 2019

あなたの知らないカイリー・アービングについての10の事柄

OTHERS | JAN. 10, 2015