Puma CELL VENOM “STEALTH” “mita sneakers”が2月9日(土)登場!

PRODUCTS | FEB. 6, 2019

独自の着眼点で開発した数々のプロダクトを世に送り出すと共に、ラグジュアリーブランドとスポーツブランドの協業を仕掛けた先駆者として様々なコレクションを発表し、スポーツとファッションの架け橋として重用な役割を担った「Puma」。そんな同ブランドのランニングカテゴリーの中でも1990年代のクッショニングテクノロジーとして「ハニカム構造」で形成されたクッション材が衝撃を吸収し拡散する「CELL」を搭載し1997 年にリリースされ、2018 年に復刻を果たした玄人好みの名作「CELL VENOM」から、数多くのブランドとのコラボレートモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける国井 栄之 氏がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers」とのコラボレートモデルが2月9日(土)リリース。

今作は「Puma」と「mita sneakers」其々のフィールドであるスポーツユースとタウンユースと言った相反するモノを自在に往来する事を表現し、存在を探知する事が出来ない軍事技術”Stealth”から着想を得て具現化。「アッパー」マテリアルには、マットな質感の「ヌバック」を「ガード」に用いつつ「通気性」に優れる「ダブルラッセルメッシュ」そして「耐久性」に優れた「シンセティックレザー」、更に夜間の「視認性」に配慮した機能素材「リフレクター」を巧みに散りばめながら「ヒール」には、脱ぎ履きを容易にする「ヒールタブ」を設置。「安定性」に優れた「BIG CELL」との相性を考慮し「衝撃吸収性」や「耐久性」に特化した最新フォーム「CM EVA」を融合した「ソールユニット」を搭載する事で、オリジナルデザインを活かしながらライフスタイルスニーカーとしての実用的なアップデートを加えてる。

またカラーリングにはトーンの異なる「グレー」を「インクジェットプリント」にてグラデーション状に配しながら「ミッドソール」には「スペックル」を施し、細部に「東京」を象徴した「蛍光グリーン」を配置。「トゥガード」には、日本人だけが読めないフォントと言われるElectroharmonixを用い「mita sneakers」のロケーションコードを「プリント」。細かな「CELL」を機能デザインとして用いた「EVA」製の「インソール」には「Puma」と「CELL」そして「mita sneakers」の「ロゴマーク」に加えて「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK FENCE」や”TOKYO CUSTOM MADE”を意味する「東京改」を組み合わせ作成された「グラフィック」が鎮座し、オフィシャルコラボレートモデルである事を証明している。

CELL VENOM “STEALTH” “mita sneakers”

カラー:GRY/SLV/L.GRN
価格:¥17,000(+税)

mita sneakers
Puma

MOST POPULAR

隠れた魅力 -エア ジョーダン 6の進化-

PRODUCTS | FEB. 12, 2019

バッシュ界に革命を起こすUAカリー6

FEATURE | DEC. 26, 2018