ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%を着用した服部勇馬選手が、福岡国際マラソンで優勝!

OTHERS | DEC. 10, 2018

12⽉2⽇(⽇)に⾏われた福岡国際マラソンにおいて、服部勇⾺選⼿が、マラソンの常識を打ちやぶったナイキ史上最速のシューズ「ナイキズーム ヴェイパーフライ 4%」を着⽤してレースに出場し、2:07:27でゴールし、⽇本⼈として14年ぶりとなる優勝を果たしました。これにより、服部選⼿は東京オリンピックの代表選考会として、来年9⽉15⽇に開催されるマラソン グランド チャンピオンシップ(MGC)の出場権も獲得しました。この他にも、新しくなった「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」を着⽤し、設楽悠太選⼿も4位(⽇本⼈2位)になりました。2018年のマラソン・メジャーの表彰台に上った選⼿の過半数が「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」を着⽤しています。


1 位 服部 勇⾺ (2:07:27) ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%
2 位 イエマネ・ツェガエ (2:08:54)
3 位 アマヌエル・メセル (2:09:45)
4 位 設楽 悠太 (2:10:25) ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%
5 位 園⽥ 隼 (2:10:31)
6 位 ⼭岸 宏貴 (2:10:42) ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%
7 位 福⽥ 穣 (2:10:54) ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット

服部選⼿のコメントは下記の通りです。

「良い練習ができていたので⾃信を持ってスタートラインに⽴つことができました。35km までは余裕があったので、残り7km はこれまでの練習の成果を発揮しようと思って⾛りました。今回の⾛りで、ラストの苦⼿意識も克服出来たと思います。結果に関しては、⽬標としていたタイムだったので満⾜しています。終盤3 ⼈に絞られた時点で、主導権を握りたいと思っていました。給⽔のタイミングを使って、うまく後続を引き離すことができたので、後は⾃分がやってきたことを信じて⾛るだけでした。フルマラソンをヴェイパーフライ 4%で⾛ったのは、今回が初めてですが、最後まで推進⼒が落ちることなく⾛ることができました。厚底を履きこなすには、これからもしっかりトレーニングすることが必要になってくると思います。」

ナイキは⼤会を⾛るエリート、サブエリートをはじめ、その他の全てのランナーをサポートするプロダクトを提供しています。マラソン2 時間の壁に挑戦したBreaking2 に合わせて開発された「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」は世界最速のマラソンランナーがベストな⾛りを実現する⽀えとなることを⽬的にデザインされました。このテクノロジーは、超軽量で柔らかく、最⼤85%のエネルギーリターンを実現するナイキ ズームX フォームと、硬さを加えることで推進⼒を感じさせるフルレングスの曲線的なカーボンファイバープレートを活⽤しており、システムとして 機能することで、ナイキの当時の最速レーシングシューズと⽐較してランニングエコノミーを平均で4%⾼めています。

シューズ概要

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%
・2018 年9 ⽉16 ⽇のベルリンマラソンで、エリウド・キプチョゲ選⼿がナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットをベースにしたモデルを着⽤し、マラソン世界記録を更新
・2018 年10 ⽉7 ⽇のシカゴマラソンにて、⼤迫傑選⼿がナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットを着⽤し、新たに⽇本記録を更新
・2018 年2 ⽉25 ⽇の東京マラソンにて、設楽悠太選⼿がナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%を着⽤し当時の⽇本記録を更新
・2018 年のマラソン・メジャーの表彰台に上った選⼿の過半数が、ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%を着⽤

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%

MOST POPULAR

2人の若き才能がADIDAS EURO TOURで世界へチャレンジ!

FEATURE | MAY. 27, 2019

「ADIDAS NATIONS TOKYO」の2人が「ADIDAS E…

FEATURE | JUN. 13, 2019

馬場雄大の挑戦「夢のNBA今のタイミングがベスト」

OTHERS | JUN. 17, 2019

2018-19 SEASON PLAYBACK|vol.3 岸本隆一

COLUMN | JUN. 14, 2019