アシックスタイガーとファッションブランド 「nonnative」のコラボレーションモデル「GEL-YETITOKYO HI G-TX」が、12月8日(土)登場!

PRODUCTS | DEC. 4, 2018

アシックスタイガーから日本のファッションブランド「nonnative」とコラボレーションした「GEL-YETITOKYO HI G-TX」が、12月8日(土)から「アシックスタイガー渋谷」、「vendor」、「COVERCHORD」、「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS」で発売される。

このシューズは、2000年に発売したトレイルランニングのアフターシューズ「GEL-YETI」をベースに、デザインソースとしてミリタリーブーツをイメージ。 アッパーは、防水性、透湿性に優れた「GORE-TEX」を搭載したベージュのスエードレザーを採用し、靴底はアッパーとのマッチングを考え、細かいニュアンスまでこだわったベージュに仕上げている。ミッドソールとかかと部に独自開発のスポンジ材「fuzeGEL」を使いクッション性を向上。 さらに、「GEL-YETI」シリーズの特徴であったかかと部のドローコード仕様をループに変更し、コンバットブーツのように履き口で靴ひもを足首に巻きつける仕様になっている。

GEL-YETITOKYO HI G-TX

価格:20,000円+税
カラー:タン×タン
サイズ:26.0センチ~31.0センチ(1.0センチ刻み)

「GEL-YETI」について

「GEL-YETI」は、山道を長時間駆け抜けるトレイルランニングの競技後に履く靴として、スポーツで疲れた足をリラックスさせるために開発したアフターシューズで、2000年に発売しました。その後、機能的で独特なデザインが珍しく、ストリートファッションのアイテムとして注目されてきたことから、2003年から街履き用としてかたちを変え販売していました。

「nonnative」について

洋服とは、人生を投影するための道具である。<nonnative>は、そんな普遍的なアーカイヴ(道具)の中から、用途に合った生地・丈夫な縫製・実用的なディテールといった「機能」を抽出。時流にあったシルエットに再編集しています。都市生活のみならず、様々な場所やシチュエーションに適応する東京発の新スタンダード。

デザイナー:藤井孝行

1976年生まれ、奈良県出身。武蔵野美術大学 空間演出デザイン学部を中退後、セレクトショップで経験を積み、2001年よりデザイナーに就任。以来、独創的で洗練されたモノづくりを展開、nonnativeの世界観を確立。

ASICSTIGER
nonnative

MOST POPULAR

新感覚のバスケットボール・シチュエーションクイズ本「100問の“実戦ド…

OTHERS | DEC. 13, 2018

あなたの知らないカイリー・アービングについての10の事柄

OTHERS | JAN. 10, 2015

CLIMAHEAT(クライマヒート) アディダス史上、かつてない暖かさ…

PRODUCTS | OCT. 9, 2015

アンダーアーマーの「UA Forge 96」新カラー9月29日発売

PRODUCTS | SEP. 28, 2018