ALLDAY 2018 SUMMER “PREVIEW & CHAMP SHOES”

INFO | AUG. 10, 2018

代々木公園ナイキバスケットボールコートを舞台に、2日間かけて総勢50チームによってその頂点が争われるストリートボールトーナメントALLDAY。2018年の開催はこの8月のSUMMER TOURNAMENTのみ。2005年8月の初開催から丸13年が経った今も「年齢・性別・国籍・キャリア及びカテゴリ一切不問の完全オープンエントリー制」は変わらない。

今回も定員数を大きく上回るチームエントリーの中から厳正なる選考の末に出場が決まった49チームと、去年開催した前回のALLDAY、2017 SUMMERのチャンピオンチームであるBLACKTOPを予選免除のスーパーシード枠チームとして迎えた50チームによる2Daysトーナメントのプレビューを公開。また今大会で活躍が認められて選抜されたボーラーは、8月14日(火)に代々木公園ナイキバスケットボールコートにて開催されるNBAスターのラッセル・ウェストブルック来日イベント、RUSSELL WESTBROOK 2018 WHY NOT TOURでのエキシビションゲームに出場となるのでその点も注目!

まずは8月11日(土)に2コートで展開される予選トーナメントからALLDAYはスタート!A~Hまで分かれた予選ブロックの中、予選免除でDブロック代表として翌12日(日)の本戦トーナメントの出場が決まっているのが前回の王者BLACKTOP!その他7チームの本戦トーナメント出場チームを決める予選トーナメントは12分1本勝負!今大会から、予選トーナメントの「延長戦は5分から3分(残り2分まではランニングタイム)」となっているから気をつけて欲しい。

Aブロック

さてトーナメントを見てみると、予選トーナメントAブロックの1回戦免除のシード枠は前回のベスト8チームであるF’SQUADが獲得!対抗馬予想はアメリカ人チームMisawa Warriors、青森からSOMECITY AOMORIで活躍する若手ボーラーたちによるSA RISINGGUNS、粒揃いのchilldren、拓殖大学OB&現役によるORANGE CRATES辺りが挙げられる。日本中で知られている有名なストリートボールクルーであり経験値も高いF’SQUADの牙城を崩すことはできるか!?

Bブロック

Bブロックには、こちらも前回大会のベスト8であった神奈川オールスターズのSIMONがシードチームとして登場。同ブロックにはこのALLDAYにめっぽう強く、また近年では3×3.EXE PREMIERでも頭角を表すCrayonや、関東のストリートボールゲームで段々と頭角を表しつつあるCommander Ginyu、そして外国人チームであるYokohama pariwaraがSIMONに挑むこととなった!

Cブロック

Cブロックには2017年の春のALLDAYでベスト8に進出するも、前回大会は予選の初戦で姿を消した千葉柏の勉族を中心に、東京ストリートボールの代表格でもあるTOKYO BEAST、大阪ストリートボールが誇るスコアラーであるカッシーによる道頓堀ファイターズ、また台湾から参戦の樹林中學と混戦が予想される!

Eブロック

Eブロックのシードチームには、ALLDAY史上最多のチャンピオン回数を誇るUNDERDOGが登場!対抗チームはUNDERDOGにALLDAY最多優勝回数を抜かれてしまったSunday Crewを筆頭に、ALLDAYの常連チームである四次元ポケットにNo name ballerZ、仙台からS.H.U SENDAI、愛知からきまぐれ貴族がチャレンジすることとなった!

Fブロック

Fブロックでは前回初めてALLDAYベスト8に出場したLIBERTY TOKYOが予選のシード枠を獲得!しかしながら同ブロックには日本中で知られる平塚Connectionsや埼玉の名シューターKIKUによるREPUBLIC、日米混成チームのRED HILL GANGやベテランストリートボーラーによるBONSOL、また若手ではTeam Labや現役高校生の千葉ピーナッツといったユニークな面々が揃っており、この中から本戦トーナメント出場の一枠をかけて争われる!

Gブロック

Gブロックのシードチームは前回ベスト8のBRM!そこにかつてALLDAY2連覇を果たした横濱Team-Sや、代々木公園ナイキバスケットボールコートをホームとし、あのテーブス海を招集したというみるき~ず、多国籍なメンバーによるTokyoFAMが交じ合うする熾烈なブロックとなった!

Hブロック

Hブロックには前回のファイナリストチームであり横須賀米軍基地チームのTEAM Yokosukaがもちろんシードチームして登場!対抗馬予想は、ALLDAY 2016 SUMMERを制したCBJ TRY-HOOPで優勝を経験したメンバーによるCBJや、東京ストリートボールの雄420、東京クラブチームからの参戦ScaryMonstersや20代前半によるG’Forceたち!もはやALLDAY決勝戦の常連と化しているTEAM Yokosukaを超えるアップセットは起こるのか!?

この通り7つの予選トーナメントを勝ち上がってきた7チームに、前回王者BLACKTOPを加えたベスト8が8月12日(日)の12:00から展開されるALLDAY 2018 SUMMER本戦トーナメントにジョーダンブランドのALLDAYオリジナルユニフォームを着用して出場することとなる!関東はもちろんのこと、県外からも海外からもエントリーがあった今年唯一のALLDAY!東京No.1を超えて、日本No.1の5on5ストリートボールを決めるトーナメントとなるALLDAY 2018 SUMMERを存分に楽しもう!

ALLDAY CHAMP SHOES 2018 SUMMER

いよいよ今週末8/11,12に開催される「ALLDAY2018SUMMER」。そのチャンピオンチームに贈呈されるプライズALLDAY CHAMP SHOESは「JORDAN WHY NOT ZERO.1 PFX」!手に入れるのは、どのチームか?



JORDAN WHY NOT ZERO.1 PFX

レベルアップしたデザイン、軽くて風通しの良いフィット感
ラッセル・ウエストブルックの大胆なテイストにマッチした、近未来的なデザインが特徴のジョーダン “Why Not?” Zer0.1 LOW PFX メンズ バスケットボールシューズは、軽量のアッパーとNike Airクッショニングを採用し、トリプルダブルの達成をサポート。

ALLDAY

MOST POPULAR

CLIMAHEAT(クライマヒート) アディダス史上、かつてない暖かさ…

PRODUCTS | OCT. 9, 2015