『NBA 2K19』ゲームプレイ・トレーラー初公開!実写と見紛うほどのハイクオリティなグラフィックスに注目!

OTHERS | AUG. 9, 2018

『NBA 2K19』の日本語版のゲームプレイ・トレーラーをついに初公開された。実際のゲームの映像がふんだんに使われたこのゲームプレイ・トレーラーでは、選手たちの息遣いや汗の輝きが伝わってくるほどの臨場感、実際のNBAの試合と見間違えるほどのリアリティが実現されており、まさに『NBA 2K』シリーズ20周年の集大成と言える。


さらにゲームに関する新情報も発表された。『NBA 2K19』から新たに登場する新システム「テイクオーバー」は、各選手のポテンシャルを限界まで引き出し、アーキタイプ(※1)と呼ばれるタイプごとに最大限の力を発揮させるシステム。好調な選手には、メインのアーキタイプに応じて特別なブースト、スキル、アニメーションがアンロックされる。 その一例は以下。

スラッシャー/アスレチックフィニッシャー:

ゴール付近でのフィニッシュに優れています。テイクオーバーによって限定のコンタクトダンクをアンロックし、スピン、ユーロステップ、クレイドル、ホップステップレイアップなどのシュートムーブをブーストして、ドリブルで抜きやすくなり、普通はできないコンタクトシュートを決めることができます。

シャープシューター/ストレッチビッグ:

ゲーム中最高のロングレンジジャンプシューターです。キャッチ&シュートを最も得意とし、テイクオーバーの発動でかなりの高い精度で3ポイントシュートを決めることが可能です。

プレイメーカー/ポイントフォワード:

優れたボール保持が可能なアーキタイプで、ピンポイントのパスを出すことができます。テイクオーバーが発動されると、アンクルブレーカームーブで相手にフェイントをかけ、より相手が抜きやすくなります。また完璧なパスでチームメイトのシュート成功率も高められます。

※1:アーキタイプとは
それぞれの選手の特徴を表したもので、ポジションとアーキタイプによって選手の能力や使用可能なアクションが変化。


さらに、ゲームプレイに関しても強化を実施しており、ドリブル・ボールコントロール・シュートなどで選手が行える新たなアクションを追加。その一例は以下。

ボディアップライドシステム:

優れたディフェンダーはアクションを支配する能力を持つようになり、優れたボールハンドラーは新しい「ホールドオフ」システムで、クリス・ポールのようにディフェンダーを寄せ付けないことが可能になりました。ユーザーの操作能力と選手のスキルが影響するスキルベースシステムにより、かつてない 1-on-1が楽しめます。

シグネチャーウォーキングリズムドリブル:

バックコートでボールをハンドリングするスキルを見せることが可能になります。新しいスマートなプロテクトドリブルシステム、LT/L2によるハードストップ&ゴー、その他様々な新しいドリブルムーブ/コンボは、『NBA 2K19』の改善されたボールハンドリングシステムの目玉です。

<商品情報> CERO:A(全年齢対象)

『NBA 2K19』20周年記念エディション

発売:2018年9月7日(金)予定
価格:デジタル版12,450円(税込)、パッケージ版12,800円+税(数量限定)
*XboxOneのみ値段が異なります(デジタル版・12,420円税込)
対応機種:PlayStationR4(パッケージ&デジタル版)、Nintendo Switch(デジタル版のみ)
Windows PC(デジタル版のみ)、Xbox One(デジタル版のみ)

『NBA 2K19』 通常版

販売:2018年9月11日(火)予定
価格:デジタル版7,580円(税込)、パッケージ版7,800円+税
*XboxOneのみ値段が異なります(デジタル版・7,560円税込)
対応機種:PlayStationR4(パッケージ&デジタル版)、Nintendo Switch(パッケージ&デジタル版)、
Windows PC(デジタル版のみ)、Xbox One (デジタル版のみ)

NBA 2K19 公式サイト
NBA2K19 Twitter
NBA2K19 Facebook

MOST POPULAR

モルテンの新事業「molten B+(モルテン・ビープラス)」の情報を…

FEATURE | OCT. 16, 2018

バスケ、ダンス、ラップの頂点を決めるバトル型イベント「BATTLE F…

EVENT, INFO | OCT. 19, 2018

噂のバスケ映画、ペプシでおなじみの「アンクル・ドリュー」を紹介!

FEATURE | OCT. 15, 2018