ポール・ジョージの 2 足目のシグネチャーモデル PG 2

PRODUCTS | FEB. 8, 2018

クリーブランドでポール・ジョージの 2 代目のシグネチャーモデル、PG2 が発表されました。栄誉あるシグネチャーモデルを持つ他のアスリートたちに囲まれ、リーグ屈指のツー・ウェイ・プレイヤーとして 8 年間培ったプロとしての真価を問われる場面でのお披露目は、このシューズにふさわしい舞台と言えます。

「ナイキ バスケットボールの伝統やこれまでにシューズを作ってきたシグ ネチャーアスリートを考えると、多くのシューズは本当に刺激的なものであり、 カルチャーそのものなので、その歴史の一部となることには重責を感じま す。自分の名前を刻むことになるのですから。」と PG 1 と PG 2 をデザインしたトニー・ハードマンは語ります。

シグネチャーカルチャーに影響を与え続けるためにジョージとハードマンがこだわる 5 つのルールをご紹介します。


ポール・ジョージの 2 足目のシグネチャーシューズ PG 2
ナイキ PG 2 EP

¥14,040(税込)/25-29,30,31 cm

バスケットボールを超えるもの


PG 2 の最初のカラーは、ポール・ジョージが大好きなバスケットボールとゲ ームに由来しています。
ジョージはゲーム好きとして知られています(特にプレイステーションが好き です)。ジョージは NBA 選手の中で一番のゲーマーだと自負しています。 PG 2 の最初のカラーでは、ジョージの趣味と PS4 とのコラボレーションに注目し、2 つの世界を結びつけています。
ジョージは「僕は単にゲームがうまかったんだ。プレイステーションについて知ってすぐ、ゲームや PS の切り抜きを作ってタンスの上に置いたりして、父が気づくようにあちこちでアピールしました。そしてクリスマスの日の朝にもらったプレゼントはもちろん PS2 でした。それからずっとゲームといえば PS です」と、きっかけを語ります。

強みを出す


PG 2 のフィット機能を説明する、ハードマンが描いたスケッチ
PG 1 ではブーティ構造と大きめの前足部分のストラップが特徴でしたが、 PG 2 のデザインには伝統的なシュータン構造を採用しています。とはいえ、 ジョージは自身のシグネチャー商品はしっかりと足を固定するフィット感を特長としたかったので、ハードマンは「ダイナミックウィング」を開発して構造的な変更による問題を解消しました。PG 1 と同じように足をシューズにしっかりと固定させつつ、新しいデザインで全体のフィット感を向上させています。「また、幅の狭い足にはストラップが長すぎる場合があるという問題も、 このデザインによって解消されています」とハードマンは説明します。

微調整に微調整を重ねる


PG 2 には前モデルよりも大きなズームエアユニットを搭載
ジョージの大好きな言葉の一つは「Don’t tell me the sky’s the limit when there are footprints on the moon(月にまで行った足跡があるのに、空の 高さが限界なんて言えない。)です。これは、出身地であるカリフォルニア 州パームデールという小さな町から NBA 選手になった人生を反映しているだけでなく、攻撃でも守備でも一歩目が重要であることを思い出させてくれます。
「僕は小さい頃にバスケットボールの虜になりました。プレーしたくて仕方な かった。早起きしてドリブルをしたり、37 度の炎天下に裸足で外でプレーしたり、ジャンプ力をつけるために石を詰めたリュックを背負って裸足で通りを行ったり来たりしていました。公園やストリートでプレーするだけでなく、一番高いレベルでプレーすることを目指していたので、本当にクレイジーなこともたくさんしました。」と、ジョージは回想します。
NBA で 8 年目を迎え、ジョージのこれまでの努力が実を結んでいます。しかし、まだ向上の余地はあります。それが足の裏に感じられる反発性や動きの感覚として PG 2 に表現されています。
「前足部のズームエアユニットを 10 ミリまで厚くしました。PG 1 ではズーム エアユニットと足の間に薄いフォームが入っていましたが、今回はジョージの足がエアの真上に乗っていることになります。つま先からかかとまで、地 面と足の間にズームバッグが配置され、前足部に推進力を提供します」と、 ハードマンは説明します。

次世代のためのデザイン


PG 2 を履くプレーヤーはより優れたフィット感、反発性と、全体的なグリップ力を実感できます
結局のところ、PG のプロダクトラインはジョージだけのものではありません。 ポール・ジョージはハードマンとともに、自身だけでなく「将来有望なプレー ヤー」が直面する問題の解消策を探っています。PG 1 を好んで履いているプロ選手の人数を考えると、このコンビはコート上で履く優れたシューズに 求められる、説明しがたい要素まで理解しているようです。
「僕の後を追って NBA でプレーしようと頑張っている人たちに、このシューズを通してまた一度機能性を提供できることに、本当にワクワクしています。 彼らがこのシューズを履くことで、彼らのキャリアを後押しできることが一番嬉しいです。結局、それが目標なので」とジョージは言います。
足を固定するフィット感や反発力以外にも、PG 2 の全体的なグリップ力も強化されました。ジョージは「プレーヤーは、PG 1 で気に入っていた要素はもちろん、それ以上のものを手にします」と語ります。

機能性を見せつける


クリーブランドで PG 2 PlayStation カラーを履いたジョージが対戦相手の勢いを止める挑戦を始めます。
ジョージとハードマンの二人とも、デザインはシグネチャーシューズを成功させる方程式のほんの一部であり、ジョージの活躍が重要であることをよく理解しています。シグネチャーシューズの名前となるアスリートは、それに値する存在であることを証明しなければならない責任を担っています。それ ができてこそバスケットボールの最も困難な条件下で実力を発揮するシューズというジョージの理想が意味を持つのです。
「僕にできることは、このシューズを履いてリーグ最高峰のプレーヤーの動 きについていき、止めること。それが目標です。それが PG 2 に注目を集め、 このシューズが持つすべての機能を見せつける最高の方法なのです。やるべきことはたくさんありますが、やり遂げるためのシューズはここにあります」 とジョージは語ります。

限定版 PG 2 プレイステーションカラーは 2 月 28 日より SNKRS 並びに一 部専門店にて発売となります。

NIKE BASKETBALL

MOST POPULAR

あなたの知らないカイリー・アービングについての10の事柄

OTHERS | JAN. 10, 2015