ナイキ SB TRUE TO FORM デザイン誕生まで

PRODUCTS | JAN. 11, 2018

2018年の春を飾る、ナイキ SB “True To Form” コレクション。ジャノスキー、ダンク LOW、ブレーザー LOWを、上質なヌバックのアッパーとニュートラルなカラーでアップデート。

アイショッド・ウェア、ドノバン・ピスコポ、アレックス・オルソンなどのアスリートの意見を取り入れたシューズの設計には、シンプルさを追求しつつ、接地感を優先できる「デコンストラクト」のアプローチを採用。

「滑らかですっきりしたシューズは、見た目もクールだし、履き心地にも機能性が感じられるんだ」アイショッドは語る。彼のフィードバックは、それぞれのシューズが持つクラシックなデザインの機能性に反映されている。「アッパーが足を保護する薄いレイヤーのように働いて、素足のような感覚を得られるものがいい」というアレックスの意見は、シューズの柔軟性とフィット感に生かされている。「このシューズは箱から出してすぐに履けるし、足を入れた瞬間から接地感を味わえるんだ」と、ドノバン。彼は、シューズ全体に採用された控えめのデザインアプローチを気に入っている。


NIKE

MOST POPULAR

モルテンの新事業「molten B+(モルテン・ビープラス)」の情報を…

FEATURE | OCT. 16, 2018

噂のバスケ映画、ペプシでおなじみの「アンクル・ドリュー」を紹介!

FEATURE | OCT. 15, 2018

バスケ、ダンス、ラップの頂点を決めるバトル型イベント「BATTLE F…

EVENT, INFO | OCT. 19, 2018

女子の3×3国内最高峰ツアー「3W Triple Doubl…

EVENT | OCT. 10, 2018