adidas Consortium Sneaker Exchange -UNITED ARROWS & SONS × Slam Jam-

PRODUCTS | OCT. 6, 2017

–ラグジュアリースイート–
– IKEUCHI ORGANIC(イケウチ オーガニック)のCAMPUS(キャンパス)とAlcantara®(アルカンターラ®)のGAZELLE(ガゼル)–
–日本とイタリアの名コラボが再び–
–シックで抑制のきいたエレガンス–

東京とフェラーラ 2017年9月

日本のUNITED ARROWS & SONSと、イタリアのSlam Jamは、どちらも創業1989年。
それ以来、UNITED ARROWS & SONSは日本中に100店舗をオープンするショップに、Slam Jamはフェラーラとミラノに店舗を持つヨーロッパのメンズウェアの名店に成長しました。
どちらも国内の現代ファッションをリードする存在です。

2017年のSneaker Exchangeのパートナーとして、adidas Consortiumはこのふたつのショップに、共通の土台を見つけてコラボでスニーカーを発表してくれるよう依頼しました。
まずは構造について話し合われ、特に、優れたシューズを作るためのテキスタイルが取り上げられました。

UNITED ARROWS & SONSとSlam Jamは、どちらもラグジュアリーなレジャーシューズを発表します。GAZELLEにもCAMPUSにも、それぞれ地域の特徴を活かし、地元で生産される材料が使われています。
高級なテキスタイルをどのように活用すれば素晴らしいスニーカーができるのかという、実験的な試みでした。

CAMPUSは、アッパーがすべて白というまさに贅沢なシューズ。使用されている100%オーガニックのコットンは、日本のIKEUCHI ORGANICのタオル地です。
足首まわりの部分と内部には起毛させたテリークロスを使い、リラックスしたルックスと贅沢な履き心地を実現しました。日本では、家に入るときに普通は靴を脱ぎます。このCAMPUS履いていれば、いつも家にいる気分になれます。室内用のスリッパよりはるかに柔らかいのです。

IKEUCHI ORGANICのタオル地は、チョークホワイト のGAZELLEの内部にも使われています。アッパーはAlcantara®。この高品質で革新的な素材は、数えきれないほど多くの用途に使われています。
1972年に日本とイタリアのジョイントベンチャーで開発されたAlcantara®は、現代のライフスタイルを支える重要なイタリア製品の代表となっているのです。
UNITED ARROWS & SONSがパートナーとしてSlam Jamと組んだことは、このときの日本とイタリアの会社が行ったコラボレーションを思い起こさせます。さらに、元々のGAZELLEのタンではなく、サンバモデルのリブ状のタンにすることで、ハイブリッドになってもなお、素材の選択のおかげで調和がとれています。

素材とカラーは落ち着いていますが、どちらのモデルもそのブランド名が目をひきます。タンのラベルに表示されたロゴだけでなく、白のCAMPUSのアウトソールと靴紐には「UNITED ARROWS & SONSとSlam Jam」、チョークホワイトのGAZELLEの両サイドには「ガゼル」と日本でのモデル名「ガッツレー」がプリントされています。
シックで抑制のきいたエレガンスを理解する日本とイタリアが、この高度なコンセプトを持つスニーカーを通じて手を結びました。

CAMPUS

商品番号: BB6449
自店販売価格: \20000+税

GAZELLE

商品番号: BB6448
自店販売価格: \20000+税

adidas

MOST POPULAR

ALLDAYにNITRO MICROPHONE UNDERGROUND…

FEATURE | SEP. 20, 2019

ステフィン・カリー × 次世代のプレーヤー

OTHERS | OCT. 18, 2019

トロント発ライフスタイルブランド「OVO」がついに日本上陸!

PRODUCTS | OCT. 18, 2019