NBA優勝5回のレジェンド「ロン・ハーパー」が緊急来日!

NBAが、NBAおよびバスケットボールの普及活動の一環として、5度のNBAチャンピオン、ロン・ハーパーの来日が決定したことを発表した。来日中ハーパーは、東日本大震災から6年を迎える3月11日(土)にNBAの社会貢献活動「NBA Cares」のプログラムの一環として福島県へ訪問、また3月12日(日)にはニコファーレにて開催されるNBA公式無料ファンイベント「NBA Fan Zone Tokyo」に登場する。

NBA Fan Zone Tokyo
2017年3月12日(日)
18:00~22:00
nicofarre ニコファーレ
〒106-0032 東京都港区六本木7-14-23 セントラム六本木ビル地下1F
http://www.nba.co.jp

3/11 福島慰問、3/12 NBA公式イベント『NBA Fan Zone Tokyo』をニコファーレで開催

3月11日(土)の福島県への訪問では、郡山市内の病院施設への慰問を行い、 郡山ユラックス熱海にて地元の子供たちに向けたバスケットボールクリニックを行う。
3月12日(日)にニコファーレにて開催するNBA公式無料ファンイベント「NBA Fan Zone Tokyo」は、NBAの試合をパブリックビューイングで観戦する「WOWOWビューイングパーティ:ゴールデンステイト・ウォリアーズ対サンアントニオ・スパーズ」、日本全国のプレイヤーを集めた「NBA 2K17ジャパントーナメント」の開催をはじめ、全ての人々にお楽しみいただけるワンデイイベント。「NBA Fan Zone Tokyo」は無料イベントとして開催され、WOWOWビューイングパーティへの参加希望者は、NBA公式サイト(www.nba.co.jp)にて事前応募を受け付けている。

ロン・ハーパー コメント:
「日本を訪れ、バスケットボールの普及活動を行い、日本の文化を体験できるこの機会をとても楽しみにしています。日本のファンと一緒にNBAの試合を観戦し、情熱と興奮を共に分かち合えることもとても楽しみです」

「NBA Fan Zone Tokyo」概要

日程:2017年3月12日(日)
場所:nicofarre ニコファーレ (〒106-0032 東京都港区六本木7-14-23 セントラム六本木ビル地下1F)
内容:
第1部 – NBA Fan Zone Tokyo:NBA 2K17ジャパントーナメント、パートナーステージ&ブース
時間:13:00~17:30
※イベントへの入場は当日先着でのご案内となります。
※NBA 2K17ジャパントーナメントへの参加を希望される方は、NBA 2K17日本語公式サイトにて詳細をご確認下さい。
第2部 – NBA Fan Zone Tokyo:WOWOWビューイングパーティ ゴールデンステイト・ウォリアーズ対サンアントニオ・スパーズ
時間:18:00~22:00 *事前予約制
※第2部への参加を希望される方は、NBA日本語公式サイトにて事前応募を受け付けております。


Copyright 1995 NBAE (Photo by Lou Cappazolla/NBAE via Getty Images)

Ron Harper ロン・ハーパー

ポジション :ガード
生年月日:1964年1月20日(53歳)/ 身長:198cm (6ft 6in) / 体重:84kg (185lb)
オハイオ州デイトン市生まれ。1986年全体8位指名を受け、クリーブランド・キャバリアーズ入り。15年のNBAキャリアでキャブズ、ロサンゼルス・クリッパーズ、シカゴ・ブルズ、ロサンゼルス・レイカーズの4チームで計1009試合に出場、キャリア平均13.8点、4.6リバウンド、3.9アシスト、1.7スティールを記録した。ブルズでは1996~98年と3連覇、2000~01年にはレイカーズでも2連覇を果たし、計5度のNBAチャンピオンに輝いている。

NBA

NBAは、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)、ウィメンズ・ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(WNBA)、NBAディベロップメントリーグの3つのプロスポーツリーグから構成されるグローバルスポーツとメディアビジネス団体です。リーグは世界215の国と地域、49言語で試合や関連番組を放送、NBA関連商品は6大陸100の国と地域にある125,000以上の店舗で展開されています。2016-17シーズン開幕時のロスターには41の国と地域から113名のインターナショナルプレイヤーが名を連ねています。デジタル領域では、NBA TV、NBA.com、そして2015-16シーズンに記録的にアクセスを伸ばしたNBA Appを展開しています。また、NBAは世界有数のソーシャルメディアのコミュニティを形成しており、リーグ・チーム・選手の「いいね!(like)」とフォロワー数は、世界中で13億以上を数えます。NBA Caresを通してリーグは、国際的に認められた協力団体と共に、教育や青少年、家族の発展、そして健康医療問題など、重要な社会問題の解決に向けた活動を行っております。

NBA日本語公式サイト

MOST POPULAR

あなたの知らないカイリー・アービングについての10の事柄

OTHERS | JAN. 10, 2015

「アンダーアーマー ブランドハウス新宿 」が9月13日(金)オープン!

OTHERS | AUG. 20, 2019

バッシュ界に革命を起こすUAカリー6

FEATURE | DEC. 26, 2018