開志国際高等学校×アンダーアーマー パートナーシップ契約締結

PRODUCTS | JUL. 3, 2016

d3939-124-703052-6

学校法人大彦学園開志国際高等学校(新潟県胎内市、理事長 池田祥護)とアンダーアーマーの日本総代理店である 株式会社ドーム(本社:東京都江東区、代表取締役 CEO 安田秀一)は、開志国際高等学校のスポーツを軸とした学校文化の発展と日本の教育環境の改革、スポーツや文化を通じた地域貢献の促進を目指してパートナーシップ契約を締結した。

株式会社ドームが推進するアカデミック・インフラストラクチャープロジェクト(AIP*)の一環で、高校では宮崎県の延岡学園高等学校に続く2校目のパートナーシップ契約締結となる。大学では学校法人関東学院(関東学院大学)とパートナーシップ 契約を締結している。

※AIPとは、スポーツを軸に米国のような先進的な学校をつくることを目指すほか、日本全体の教育環境を改革していくことを目指したプロジェクトです。

契約期間 2016年4月1日から3年間

主な取り組み内容
・ユニホームのカラー、ロゴを統一したスポーツによるスクールブランディング ・株式会社ドームの商材を活用した部活動の競技力向上 ・ロゴを使用したTシャツ、ポロシャツなどライセンス商品の展開 ・学園祭などのイベントにおける協業 ・学内装飾によるスクールブランディング ・スポーツを軸とした収益化サイクルの構築

スポーツを通じたスクールブランディング第一弾、新エンブレムとユニホームを共同開発 開志国際高等学校のスポーツ、ブランドアイデンティティ確立に向け、各部活動のチームカラーを統一し、新たなスポーツエンブレム とユニホームが誕生しました。今後、エンブレムを使用したTシャツやポロシャツなども展開予定です。

KAISHI-KOKUSAI
■開志国際高等学校
開志国際高等学校は、平成26年に4月に新潟県胎内市に全日制普通科(男女共学)の 私立高等学校として開校しました。 普通科の中に、生徒の将来の目的に合わせて、医学部進学コース、国際コース、アスリート コースという3つのコース設定がされたユニークなカリキュラム編成。全校生徒の約45%は県外 生であり、また世界6ヶ国から30名以上の外国籍生徒も一緒に学んでいます。 開校3年目の学校でありながら、既に部活動の成績は華々しく、創部2ヶ月の1年生チーム でインターハイ出場を決めた女子バスケットボール部が有名。その他、多くの部活動でも全国大 会出場を果たしています。平成27年度には、新潟県で初めてとなる、アメリカンフットボール部 が創部され、全国の強豪にチャレンジをしています。 また、ソチ五輪のメダリスト、平野歩夢が在籍している学校としても有名です。

d3939-118-260169-9
■UNDER ARMOUR (アンダーアーマー)
「アスリートを進化させる」ことをミッションに掲げる“パフォーマンスアスレチックブランド“。 近年急速に普及した身体にフィット(密着)するアスリートのためのウェアの発祥ブランドであり、 汗を素早く吸収、発散し、身体を常にドライで快適に保つウェアなど、アスリートのパフォーマンスを 最大限に引き出す商品開発に取り組んでいます。米国本社での売上高は2010年10億ドル 突破、 2015年36億ドル突破と伸び続け、時価総額は160億ドルを突破。1996年の創業 以来、驚異的な成長を続けています。 日本においても、読売ジャイアンツ(プロ野球)、大宮アルディージャ(サッカー・Jリーグ)、琉 球ゴールデンキングス(バスケットボール)、パナソニック ワイルドナイツ(ラグビー)のユニホーム サプライヤーとなっているほか、柳田悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)、山田章仁選手 (パナソニック ワイルドナイツ)、ケンブリッジ飛鳥(陸上)、宇津木瑠美選手(サッカー女子 日本代表)、モデルのKellyさんら多くのトップアスリート・モデルのパフォーマンスを支えています。

d3939-118-681668-10
■株式会社ドーム
1996年創業。 テーピングの取扱いからスタートし、現在はスポーツプロダクト(アンダーアーマー)やスポーツサプリメント (DNS)、パフォーマンスディレクション(ドームアスリートハウス)などの事業を展開しています。ドーム は「社会価値の創造」という理念のもと、スポーツを通じた豊かな社会づくりに貢献できるよう努力して います。

ドームカスタマーセンター
TEL:0120-106-786

UNDER ARMOUR

follow us in feedly


MOST POPULAR

ジョーダン ブランドがスケートボードカルチャーの歴史の一部であるエア …

PRODUCTS | APR. 15, 2019