目指せNBA! 八村塁渡米决定!!

OTHERS | MAY. 14, 2016

FTS_0059_above-10066

5月11日、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1の強豪ゴンザガ大への進学を目指すバスケットボール男子日本代表候補の八村塁(明成高校卒)が、JBAで会見を開き、ゴンザガ大進学の目処が立ち、今週末に渡米することを発表した。

FTS_9982_above-10056

「バスケットボールを始めた時から漠然と描いていた夢のNBAが、目標に変わった」と言う八村は、2014年のU17世界選手権でアメリカに大敗を喫するも25点を上げ、孤軍奮闘。大会得点王に輝いた逸材。明成高校ではウィンターカップ3連覇を果たし、高校生ながら日本代表候補に選出された日本バスケ界の期待の星だ。

FTS_9999_above-10058

ベナン人の父譲りの身長(202cm)からは想像できないスピードと、類まれなセンスを買われ、ゴンガザ大から熱心な誘いを受けていた八村は、大学入学に必要な高校の評定平均と大学進学適性テスト(SAT)の基準をクリアした。「自分でも機動力は十分通用すると思っている。シュート力に磨きをかけ1年生から試合に出られるようにしたい」と意欲を覗かせた。

FTS_9972_above-10055

明成高校の佐藤先生からは「頑張るのは当たり前」と言われ、「いい意味で謙虚にやっていきたい」と言う八村は「NBAを目指すためにアメリカにいくことを決断した。あとは東京オリンピックに出場し、日本のバスケットボール界を引っ張る存在になりたい」と目標を掲げる。現在招集されている日本代表活動への参加は、ゴンガザ大、JBAと相談して決めていくという。

FTS_0033_above-10061

八村より先に渡米し、NCAAディビジョン1、ジョージ・ワシントン大で活躍する渡邊雄太から「アメリカの大学でバスケットボールと勉強をどうやって両立していくかアドバイスをもらっている」と語った八村。9月のゴンザガ入学に向け、彼の新しいチャレンジが始まった。

NCAA BASKETBALL

follow us in feedly


MOST POPULAR

3×3の本質を体現したチームたち、PREMIERシーズン王者…

COLUMN | SEP. 17, 2019

バスケ観戦の新たな試み

COLUMN | SEP. 18, 2019

必要とされるものだけを取り入れた エア ジョーダン 34

PRODUCTS | SEP. 10, 2019