マーク・パーカーによる「NIKE AIR MAX ULTRA M」登場

PRODUCTS | MAR. 23, 2016

AMD_MParker_HTM_Hero_53972

2016年3月、HTMはエア マックスの誕生を祝福し、今までのコラボレーションに新しい側面を加えます。今回初めて藤原ヒロシ氏、ティンカー・ハットフィールド、マーク・パーカーがこれまで長期にわたるコラボレーションへの関わりを表現するモデルを作りました。ここでは、マークがナイキ エア マックス ウルトラMについて解説します。

BWについて・・・
機能性が明確に分かるプロダクトが好きです。シンプルで密かに機能性が施されたプロダクトも大好きなのですが、たまに大胆で分かりやすいものを作るのも楽しいと思います。エア マックス BWがどんな機能性のあるシューズなのか明らかだと思います。

アッパーについて・・・
BWのアッパーは、他の部分との境目にくっきりとラインが入っているのですが、ジャカードのような新技術で、勾配を付け、モザイクのような効果を出して、個々のパーツがもう少し柔らかな印象になるような作り方を色々と試し始めました。 ビッグウィンドウという大胆なテクノロジーもありつつ、アッパーにはもう少し落ち着いた色味を使っています。

過去からのインスピレーションについて・・・
ベンジェンス、ボルテックス、ベクターの3種類のランニングシューズは、私がデザインしました。Vシリーズは、あの時代のデザインを反映したクラシックなシューズです。靴先、アイステイ、カウンター、バックタブ、バンプ、スウッシュロゴ、ミッドソール、アウトソールで構成されています。すべてのシューズがその構成となっていました。ですので、今回のエア マックスにも随所にその要素を取り込んでいます。1980年代のカットソーのデザインに敬意を表しつつ、現代的に仕上げました。

Nike_Air_Max_BW_Ultra_M_1_53848
ナイキ エア マッス ウルトラ M
¥23,760(税込)

Nike_Air_Max_BW_Ultra_M_2_53849
1980年代のランニングシューズで用いられたクラシックなカット&ソーのデザインを彷彿とさせるパネル構造

Nike_Air_Max_BW_Ultra_M_5_53852
モザイクのような効果を演出するカスタムジャカードのウーブンアッパー

Nike_Air_Max_BW_Ultra_M_4_53851
快適性が高く、軽量で屈曲性に優れたウルトラツーリング

Nike_Air_Max_BW_Ultra_M_3_53850
高級感あふれる、かかととシュータンに用いられたプレミアムなレザーが高級感を演出

ナイキ エア マックス ウルトラ Mは、NIKE.COM/AIRMAXにて3月24日より、一部のナイキ スポーツウェア取扱店では3月26日(AIRMAXDAY)に発売予定となります。
※ナイキ原宿では、3月24日に先行抽選を予定しております。詳しくはナイキ原宿ブログ( NIKEHARAJUKU.JP )をご覧ください。

NIKE カスタマーサービス
TEL: 0120.6453.77

NIKE AIR MAX DAY

follow us in feedly

MOST POPULAR

モルテンの新事業「molten B+(モルテン・ビープラス)」の情報を…

FEATURE | OCT. 16, 2018

女子の3×3国内最高峰ツアー「3W Triple Doubl…

EVENT | OCT. 10, 2018

噂のバスケ映画、ペプシでおなじみの「アンクル・ドリュー」を紹介!

FEATURE | OCT. 15, 2018