NIKE AIR TRAINER 1:反抗心から生まれたレジェンド

PRODUCTS | MAY. 22, 2015

Nike-News-Trainer-1-Collage_41749

少ないことは、より豊かにする

1980年代のアスリートたちは、コートでのスポーツ、ランニング、ウエイトリフティングなどを、どれか一つの運動のために作られたシューズを履き回すか、あるいはたくさんのシュ ーズをロッカーに詰め込んでおくかという選択肢に迫られていました。それは怪我のリスク、実力を十分に発揮できない妥協、あるいは巨大なダッフルバックを抱えるという悩みにもつながっていました。

IM9750_41331
(ナイキ エア トレーナー 1 は、本来はジムでのワークアウト向けにデザインされました)

シューズに関するこのような状況は、若い建築家から転身したフットウェアデザイナーがそれに気づくまで変わることはありませんでした。シューズが溢れるジムに何度も訪れるうち、ティンカー・ハットフィールドはコートでもジムでも機能を発揮するフットウェアを作ろうと考えました。その結果生まれたのが、搭載されているナイキ エアをそのまま名前に用いたナイキ エア トレーナー 1 です。

1205_1_41323

1205_2_41322

ナイキ エア トレーナー 1 は、高めの履き口と安定性やサポート性を高めるために外側に張り出したアウトリガーに加え、前足とシューズの一体性を高めるためのストラップが特徴的です。さらに、踵のフィット性にも配慮されたデザインに なっています。「当時のバスケットボールシューズは、ヒールの部分が 8mm 高くなっている程度の、かなりフラットなものでした。ランニングシューズは 12~15mm だったので、ランニング向けに十分にヒールを上げつつも、十分な安定感を提供できる低さも確保するために、ちょうど良い中間値を見つけようと思いました。」と現在はナイキのクリエイティブコンセプト担当副社長を務めるティンカー・ハットフィールドが、当時を回顧します。

IM6074-a_41640
(ティンカー・ハットフィールドによるナイキ エア トレーナー 1 のアウトソールのスケッチ)

「クロロフィル」の愛称で呼ばれる白、グリーン、ブラックの色の組み合わせもハットフィールドがジムを訪問して影響を受けました。
IM10301_41332
(ナイキ エア トレーナー 1 の広告)

「ジムの機材は黒と白の色で、緑の文字が使われていまし た。トレーナー 1の色はこれらをもとにしたものです。」とハットフィールド。

1987年にナイキ エア トレーナー 1の発売によって、アスリ ートは1つのシューズで、試合も、ウエイトリフティングもランニングもこなせるようになり、クロストレーニングというシューズのカテゴリーも誕生しました。しかし、ナイキ エア トレーナー 1の成功は、シューズ発売前に起こった事件が、ジムで起こったどんなことよりも大きな原因となったのです。

「予定していなかったことを彼はやってしまった。」

45738_45739_4_41330

1986年、ナイキ エア トレーナー 1 発売の前年、婚約を発表したジョン・マッケンローがナイキに連絡をしてきたのです。子供の誕生によりテニスから離れていた彼は、復帰に向けて熱意を高めており、新しいスタイルのシューズを求めていました。幸運なことに、これまでとは違う機能性を発揮するものを求める彼に、ナイキが応える準備はできていました。

「ナイキからたくさんの試作品を送ってもらった時に、偶然私に送るつもりではなかった履き古されたモデルが混ざっていたのです。しかし、それが一番私にとってはすごく良いものだったのです。」とマッケンローは当時を語ります。
ハットフィールドが知らないうちに、ナイキ エア トレーナー 1 の初期の試作品がマッケンローの手元に渡っていたのでした。試合の時にはそれを着用しないように、とナイキから言われたのにもかかわらず、従順とも言えない性格のマッケンローはその依頼を無視したのです。

「あの時は、『悪いけど、これで行くよ。この試合には、これでなきゃいけない。』と言うくらい、しっくりと感じたんだ。」とマッケンロー。

John_McEnroe_Nike_Air_Trainer_1_41556
(ナイキ エア トレーナー 1 の試作品を着用するジョン・マッ ケンロー(1986) )

結果、輝かしい優勝でマッケンローが復活したのです。それはシューズのおかげだったのでしょうか?

「彼があれを履くことを、私を含め誰も知らなかったので、あっけに取られる思いでした。」とハットフィールド。「履く予定ではなかったのに、履いてしまったのです。」

14742_1_41324

14742_2_41329

もちろん、トーナメント優勝に必要なスキルをシューズが提供したわけではありませんが、シューズの優れたサポートと安定性で、マッケンローは試合に集中することが出来たかもしれないと言えるでしょう。彼はこの試作品を履き続け、 続く2つの大会でも優勝し、シューズを返すことを拒否するばかりか、大胆にも追加を依頼してきたのでした。ナイキもナイキらしく、それに応え、芝とクレーコートのそれぞれに合わせた2つのアウトソールの特別バージョンを準備しまし た。

「私が必要とした全てを持ち合わせたものでした。」とマッケンロー。「足首の捻挫を抱えていた私が必要としたサポート性があり、コートでのジャンプも可能にするシューズだったのです。幸運というか、幸せな偶然がもたらしてくれたものです。」

2316_1_41321

2316_2_41325

45738_1_41328

45738_3_41327

ナイキ エア トレーナー 1 のテニスコートでのデビューは、ハットフィールドの不意を打つようなものでしたが、その結果 に彼は驚くことはありませんでした。
「驚きましたが、大丈夫だという確信はありました。」とハット フィールド。
大胆な選手によってナイキ エア トレーナー 1はテニス界に足跡を残し、後に続くテニスシューズに道を開いたのです。この時、ナイキはテニスシューズに機会を見出し、以来振り返ることはありませんでした。

NIKE カスタマーサービス
TEL: 0120.6453.77

follow us in feedly

MOST POPULAR

あなたの知らないカイリー・アービングについての10の事柄

OTHERS | JAN. 10, 2015

「アンダーアーマー ブランドハウス新宿 」が9月13日(金)オープン!

OTHERS | AUG. 20, 2019

バッシュ界に革命を起こすUAカリー6

FEATURE | DEC. 26, 2018