あなたの知らないカイリー・アービングについての10の事柄

OTHERS | JAN. 10, 2015

ABOUT_KYRIE_IRVING_02

2012年にルーキーオブザイヤーを獲得し、二度のオールスター選出(2014年オールスター選出MVP)、今年のFIBAワールドカップMVPと新しいシグネチャナイキシューズ – KYRIE1 – がドロップされる。 現在22歳、オーストラリア生まれのクリーブランドのバスケットボールプレーヤー”カイリー・アービング”のキャリアはまだ始まったばかりである。

何がアーヴィングを 特別にしたのか?

眠りを誘う最初のステップとキラークロスオーバーのほかに、何がアーヴィングを特別にしたのか?私たちは答えを、元オーストラリアリーグフーププロであった彼のお父さんであるドレデリック・アーヴィングがロールモデルになっていると至った。

ちょうどカイリーが4歳だった時、彼の妻エリザベス(エリザベス・アーヴィングも、大学で際立ったアスリートで突出したバレーボールの選手だった)が死んだ後、父親一人でアービンを育てた。
お父さんはカイリー初めてのバスケットボールのコーチであり、この2つの出来事は非常に密接している。

ABOUT_KYRIE_IRVING_01

#1 – アーヴィング13ヶ月目にはバスケットボールをドリブル出来た

アーヴィングは幼児の時にはボールコントロールを実証し、4歳で日常的に通常の高さのリングで得点できるようになり、6歳で左利きのレイアップを沈めることが出来るようになっていた。

#2 – 彼は高校時代に躍進した

アーヴィングは常にアスリートとして際立っていたが、彼のスターとしての力が透けて見え始めたのは高校生の時だった。彼はジュニアとシニアの時には、ニュージャージー州の学校へ転校し、他のとても有能な選手に囲まれていた。彼は、数え切れないほどの時間をかけて学び、スキルを受け入れ、究極のテストである1on1でついに彼のお父さんを打ち負かした。

#3 – アーヴィングは野球もプレーし、さらにはスケートボードにも熱心になっていた

バスケットボールに加えて、アーヴィングのキャリアで野球をプレーし、彼はちょうど7歳か8歳の時には年上の男の子と遊撃手のポジションを争いに勝っていた。彼はまた、よくいるティーンのように熱心なスケートボーダーだった。

#4 – アーヴィングの名付け親は元プロバスケットボール選手のロッド·ストリックランドだ

彼がまだ実家にいた時にナイキとの関係が開始した。彼の名付け親であり、ナイキのアスリートであったロッド·ストリックランドは、ナイキのシューズを履いていたことを確認していた。そしてアーヴィングは2011年にスウッシュとサインした。

ABOUT_KYRIE_IRVING_05
#5 – アービングは日記を書き続けている

アーヴィングは書くことを楽しんでいて、彼は彼の人生と彼のゲームを導く手助けするために、頭に浮かんだ引用とモットー常に日記に書き印してる。新しいKYRIE1でフィーチャーされている「ハングリーさと謙虚さ」というモットーは、かつて小学校の時に白黒のナイキダッフルバッグにシルバーでプリントしていたくらい親子で共有する格言である。

#6 – 目標を設定するのが鍵

アーヴィングの成功の秘訣は、目標設定と規律にあるのかもしれない。 「我々は常に自分の目標を持っていたし、彼は若い頃から時間を管理する方法を学ぶ必要があった」とドレデリック·アーヴィング氏は述べてる。放課後にはバスケットボールの練習があり、それに続き宿題と夜には雑用があった。 「Cは我が家では受け入れられいなかった。良い成績は常にカイリーの誇れるポイントだった。」彼は未だに自宅の壁に目標をき続けている。

#7 – ビニール袋がアーヴィングのクロスオーバーに驚くほどの成果を果たす

アーヴィングは、彼の扱う驚異的なボールハンドリングは、ビニール袋に包まれたボールをドリブルするドリルで、それは彼のお父さんから学んでいた。ビニール袋はボールが跳ねなくなり、感覚も悪くなり、ボールを強くつくという事に繋がる事となる。アーヴィングのフープへの速攻が何よりの証拠だ。

ABOUT_KYRIE_IRVING_03
#8 – もし違う人生であったら、アーヴィングはジャーナリストになっていた

彼はプロのフープをプレイしていなかったら、彼はおそらくジャーナリストになっていただろう。そしてまだ将来的に可能性があります。お父さんは20年後にはジャーナリスト、スポーツアナリストまたは子供たちを教えるコーチになるだろうと彼を見ている。

#9 – 彼はマカロニアンドチーズを愛している

彼の食べ物としての慰めはマカロニアンドチーズであり、中でもお気に入りは14世紀フランスの焼きパスタ料理にさかのぼる。

#10 – アーヴィングは6年目にしてNIKEのシグネチャーシューズを持っている最初のプレーヤー

アーヴィングはナイキエアズームHuarache2K4の大ファンだった。そしてそれは自身のシグネチャーシューズとして思い浮かべていた。彼はまた、クリスマスの日にプロバスケットボールをプレーする事夢見ていた。その両方のビジョンが現実のものとなった:アーヴィングはシグネチャーシューズを手に入れた20人目のナイキのバスケットボール・アスリートだ。クリーブランドからクリスマスにマイアミでのゲームでシグネチャーシューズを履いた。お父さんは「彼は勝者だ」と語った。

ABOUT_KYRIE_IRVING_04

NIKE BASKETBALL

MOST POPULAR

部活生に人気の「GELBURST(ゲルバースト)」シリーズ誕生20年目…

PRODUCTS | APR. 4, 2016

カイリー・アービングの得点力を支えるカイリー 3

PRODUCTS | DEC. 26, 2016

CLIMAHEAT(クライマヒート) アディダス史上、かつてない暖かさ…

PRODUCTS | OCT. 9, 2015

FLY Magazine Issue 03 発売記念LINE会員限定の…

OTHERS | OCT. 20, 2017