Rakuten TV NBA ファイナル パブリックビューイングパーティにケンバ・ウォーカーが登場!

FEATURE | JUN. 4, 2019

5月31日、「NBA FINALS 2019 PUBLIC VIEWING PARTY presented by Rakuten TV」が渋谷ストリームホールで開催。MCにはMAMUSHI、ゲストに川崎ブレイブサンダースの篠山竜青と栃木ブレックスの比江島慎といった日本代表の豪華メンバー揃い、NBAから現役オールスター選手ケンバ・ウォーカーが登場!500名超える観客で埋め尽くされた会場は大いに盛り上がった。


3ピートを狙う王者ゴールデンステイト・ウォリアーズに、初のファイナル舞台となるトロント・ラプターズが挑む。レブロン・ジェームズの連続ファイナル出場が途切れ、新たな挑戦者にウォリアーズ王朝が揺らぐのか? 誰もが予想しなかったラプターズに躍進によっていつも以上に話題となっているNBAファイナルのパブリックビューイング イベント「NBA FINALS 2019 PUBLIC VIEWING PARTY presented by Rakuten TV」が渋谷ストリームホールで開催。



もはや恒例となったMC MAMUSHIの実況に、今回のゲストには夏にはワールドカップ出場が控えているバスケットボール男子日本代表候補から、川崎ブレイブサンダースの篠山竜青と栃木ブレックスの比江島慎が登場。さらにはRakuten TVの人気NBA番組「俺達のNBA!!」の司会BOSE氏、中原雄氏、ハリー杉山氏、ハライチ澤部佑氏、中村昌也氏、サンキューたつお氏、岩崎太整氏による公開収録もあるということで、コンテンツ満載のイベントだったのだが、みんなのお目当てはシャーロット・ホーネッツに所属する現役のオールスター選手であるケンバ・ウォーカー。ケンバ登場でパンパンの会場のボルテージは最高潮。肝心の内容もラプターズが王者相手に勝利し、やっぱり大勢で観るNBAは楽しいと感じられる好ゲーム。パブリックビューイング イベントは、今回も大盛況で幕を閉じた。


ケンバと篠山と比江島はイベント会場に設けられたメディアセッションにも登場。これからのファイナルの動向について各々は下記のように語ると、

「とても難しいけども、やっぱり経験だとウォリアーズがちょっと有利。ただ、ラプターズもカワイ・レナードのように経験のある選手が多いけど、やっぱりゴールデンステイトかなと思う」(ケンバ・ウォーカー)

「シリーズ全体として面白く拮抗するファイナルになりそうだ」(篠山竜青)

「ウォリアーズが優勝するんじゃないかなと。経験も違うし、KDが戻ってきたらまた違う戦い方になる」(比江島慎)

自身の今シーズンに関しては、次のように振り返った。

「今シーズンは特別なシーズンだった。オールNBAの3rdチームに入れたことはびっくりしたが、そこに入るために努力してきたから嬉しかった。来季はとにかくプレーオフに出られるように頑張る」(ケンバ・ウォーカー)

「バスケットボール全体が非常に盛り上がりを見せたシーズンだった。代表がワールドカップ出場を決めて、Bリーグも毎年お客さんの数が伸びている。アメリカで活躍できる日本人選手が出てきているし、もっと日本でバスケットボールが根付いていく期待感を持てたシーズンだった」(篠山竜青)

「人生のなかでも内容の濃い一年だった。移籍して新しいチームに馴染む難しさ、オーストラリでの経験を活かせた代表ではワールドカップ出場を勝ち取れた」(比江島慎)

比江島はメディアセッション前日にNBAダラス・マーベリックスのミニキャンプへの参加を表明。「ワールドカップ前に、レベルの高い選手たちとやることによって、また自分の中で得るものがある」とNBAチャレンジに意気込んだ。


日本人NBAプレーヤーの誕生、ワールドカップ出場、東京オリンピック出場と日本における前代未聞のバスケットボールフィーバー到来は間違いない。現在アメリカ代表候補に選出されているケンバ・ウォーカーがワールドカップでプレーすることになるとしたら日本との対戦も実現する。








Rakuten NBA

MOST POPULAR

2人の若き才能がADIDAS EURO TOURで世界へチャレンジ!

FEATURE | MAY. 27, 2019

「ADIDAS NATIONS TOKYO」の2人が「ADIDAS E…

FEATURE | JUN. 13, 2019

馬場雄大の挑戦「夢のNBA今のタイミングがベスト」

OTHERS | JUN. 17, 2019

2018-19 SEASON PLAYBACK|vol.3 岸本隆一

COLUMN | JUN. 14, 2019