越谷アルファーズが入替戦で快勝B2昇格!

FEATURE | MAY. 14, 2019

2019年5月12日、横浜アリーナで開催された「B2・B3入替戦 2018-19」がおこなわれ、B3に所属する越谷アルファーズが、B3の東京八王子ビートレインズを見事に撃破し、B2昇格を決めた。


ライセンス交付で大波乱の入替戦

Bリーグ2018-19シーズンの入替戦は、ポストシーズンの勝敗以上にライセンスの有無で大きな波乱があった。「B2 PLAYOFFS」の結果、B1ライセンスを持たない信州ブレイブウォリアーズが優勝。決勝で対戦した群馬クレインサンダーズもB1ライセンスを持たないため、3位決定戦で熊本ヴォルターズを敗った島根スサノオマジックがB1昇格を決めた。一方B1でも、ライジングゼファー福岡がB1ライセンスを失い自動降格が決定。残留プレーオフでレバンガ北海道に負けた横浜ビー・コルセアーズも「B1・B2入替戦」が実施されず、戦わずしてB1残留が決定した。そしてB2ライセンス不交付並びにB3リーグ再審査となった金沢武士団に代わって、B2最下位だった八王子に残留へラストチャンスである入替戦出場がまわってきたのだ。


B3総合優勝を逃したものの、勝てばB2昇格が決まる越谷は「勢いのイニシアティブが勝敗を分けた」と述べた青野和人ヘッドコーチ(以下HC)の言葉の通り、いきなりティップオフから14-0のランを記録。福岡ではB3からB1への昇格を経験した昇格請負人ジョシュ・ペッパーズや、カイル・リチャードソンが、外国籍選手2名登録という入替戦のレギュレーションのため出場できなかったルーク・エヴァンス不在のかな大奮闘。前半を37-49の12点リードで折り返す。





「自分は相手の外国籍選手を押さえればいい。オフェンスはカイルとペップがいるのでパスをまわせればと」言う長谷川武は、195cmの体躯を活かしインサイドでは外国籍選手のマッチアップを任され、トランジションでも早い判断で味方の好機を演出して8リバウンド、10アシストの活躍をみせた。八王子もアレクサンダー・ジョーンズが29得点を挙げひとり気を吐くも、越谷の勢いは後半も衰えなかった。

「昇格を願ってはいたけど、経験もなく想像もできなかった。試合が進むにつれて実感が湧いてきた。誰も気を抜かないいい試合になった」とキャプテン西方翼が振り返ったとおり、格上相手に64-86の快勝でB2昇格を決めた。


大塚商会アルファーズは企業クラブからB2を目指し、越谷にホームタウンを移してから1年。早くも昇格を達成したが、あくまで通過点に過ぎずB2への定着から上位を狙いプレーオフ出場が当面の目標だ。過去B1には、西宮ストークス、島根、福岡が昇格し、B2には八王子が上がったが、まだ下位リーグから昇格して上位リーグに定着したクラブはない。このジンクスを破る初のクラブに越谷がなれるかは、来シーズンの戦いにかかっている。


B.LEAGUE

MOST POPULAR

2人の若き才能がADIDAS EURO TOURで世界へチャレンジ!

FEATURE | MAY. 27, 2019

JORDAN BRAND SPECIAL INTERVIEW|KEMB…

FEATURE | JUL. 11, 2019

JORDAN MARS 270 ‘GREEN GLOW&#…

| JUL. 6, 2019

あなたの知らないカイリー・アービングについての10の事柄

OTHERS | JAN. 10, 2015