安田美沙子とマギーと一緒に楽しんだ!Rakuten TV NBAオールスター パブリック ビューイングイベント レポート

FEATURE | FEB. 22, 2019

スーパースター選手の夢の共演NBAオールスターゲーム2019のパブリックビューイングイベント「NBA ALL-STAR-2019 PUBLIC VIEWING PARTY Presented by Rakuten」が開催。Rakuten NBAのビューイングイベントでは過去最大規模となる500人のファンが集まった。




今回で68回目を迎えるNBAオールスターゲームは、まさに文字通りスター選手の夢の祭典。いつの世でもオールスタースターゲームへの出場は選手にとって特別なステータスであり、昨シーズンより最多得票選手がキャプテンとなり、ドラフト指名でチームを編成するという新時代に突入している。

毎回ファンから好評を得ているRakuten NBA パブリックビューイングパーティーだが、オールスターゲームということもあり、今まで以上に豪華なゲストが会場に駆けつけた。東西両軍団の応援団長としてチームレブロンにはモデルのマギーさん、チームヤニスには女優の安田美沙子さん、さらにスペシャルゲストとして横浜ビー・コルセアーズ所属の田渡凌選手と富山グラウジーズの比留木謙司選手も参加。MCはRakuten NBAデイリーハイライトでもお馴染みのMAMUSHIとDJ MIKOの強力タッグと一緒に、500人のファンで埋まった会場は大いに盛り上がった。



序盤からスター選手たちの華々しいプレーの応酬で、まるでスーパープレー集をみているかのような展開は、モンスターダンクを連発したギリシャの怪童ヤニス・アデトクンボ(バックス)チームがリードを奪っていく。しかし、ブロン・ジェームズ(レイカーズ)、カイリー・アービング(セルティックス)のかつての師弟コンビもさることながら、ケビン・デュラントが4Qの大事な場面で3Pシュートを沈めチームレブロンが逆転劇を演じた。今季限りで引退を表明しているドウェイン・ウェイドと一緒に特別枠で出場したダーク・ノビツキーなど、大変見どころが多かったゲームは178-164でチームレブロンの勝利。MVPには31得点を挙げたデュラントが選出された。




ウェイドの大ファンのマギーさん、現地放送での選手インタビューを翻訳して解説してくれた比留木選手は「ファンのみなさんと同じ熱量でゲームを見られて楽しかった」と勝利を喜び、最後までチームヤニスの勝利を信じていた田渡選手は本当に悔しがり、カリー推しだった安田さんも「バスケをずっと応援し続けて、いつかNBAを家族と一緒に見てみたい」と語った。次回のパブリックビューイングイベントはおそらくファイナルだと予想される。それまでファンのみなさんには、これからプレーオフに向けさらにハードな戦いになるNBAを楽しんでほしい。











Rakuten TV NBA

MOST POPULAR

あなたの知らないカイリー・アービングについての10の事柄

OTHERS | JAN. 10, 2015

2人の若き才能がADIDAS EURO TOURで世界へチャレンジ!

FEATURE | MAY. 27, 2019

「アンダーアーマー ブランドハウス新宿 」が9月13日(金)オープン!

OTHERS | AUG. 20, 2019