NINJA SKILL BALLERZによる「忍者×バスケ」パフォーマンス動画が、公開後10日間で100万回再生を突破!

FEATURE | AUG. 6, 2018

フリースタイルバスケットボールチーム NINJA SKILL BALLERZの「忍者×バスケ」パフォーマンス動画が、公開後10日間という異例の速さで100万回再生を突破。今も再生回数を伸ばし続けており、海外を中心に1.5万件以上シェアされ、世界各国から1000件以上のコメントも寄せられている。

本動画は、世界最高水準の技術が凝縮された、NINJA SKILL BALLERZのコンセプトムービー。ワンカット撮影の中で繰り広げられる、世界でも彼らにしかできない数々のフリースタイルバスケットボールトリックが満載だ。

NINJA SKILL BALLERZとは

世界にフリースタイルバスケットボールの魅力を広めるために、日本のトッププレイヤーが集結したプロジェクトチーム。メンバーは歴代日本王者で構成され、世界王者も在籍す。日本ではバスケットボールコートが少ない背景もあり、世界の中でも群を抜いてフリースタイルバスケットボール文化が発展。ボールを扱う高度な技術だけでなく、エンターテイメント性・アート性を国内大会で高め合っていった結果、日本から3人もの世界チャンピオンが誕生している。まだまだ競技人口・認知ともに十分ではないこの文化を牽引する存在として、日本独自の”忍者”をモチーフにし、国内で洗練されたフリースタイルバスケットボールの魅力を世界に再発信してゆく。

NINJA SKILL BALLERZメンバー

■ZiNEZ
2008年、2009年と日本で行われたフリースタイルバスケットボール日本一決定戦において、史上最年少優勝と初の連覇を成し遂げ、その後も様々な大会のタイトルを量産。2009年には、アリゾナ州で行われた国際大会にて優勝を納め、日本人初の世界チャンピオンに。

■whitea
B.LEAGUE 1部のレバンガ北海道専属フリースタイルバスケットボーラーとして契約。超スピードかつ繊細な、シルエットの美しいドリブルのスペシャリスト。国内最大級の大会btpでは、ドリブル部門で前人未到の4連覇を達成。2016年度末に行われた世界大会KHOTでは、見事3位を勝ち取る。

■BUG!?
Break danceなど様々なカルチャーの動きを取り入れたビッグムーブのスペシャリスト。侍BALLERS所属。FSBB日本一決定戦では三度日本一の座に輝く。ヨーロッパ、LA、アジア各国でもパフォーマンスツアーを行い、世界を股にかけ活動中。競技バスケットボールの世界選手権のプロモーションチームとして抜擢され、国際試合でのハーフタイムショーを実現。

■ISSEI
指先でボールを回す、ボールスピンのスペシャリスト。2016,2017年度は国内最大級の大会「bac to pec」にて、世界中からトッププレイヤーが参戦するスピン部門で2連覇を果たす。2018年に行われた中国最大規模のFSBPには招待選手として参戦し、見事優勝を勝ち取る。

■TaMa
複数個のボールを同時に取り扱う、マルチボールスタイルのスペシャリスト。2010年のFSBB日本一決定戦にて優勝し、マルチボール部門の大会においても2度の優勝を果たす。B.LEAGUEのパフォーマンスも多数経験。

NINJA SKILL BALLERZ

MOST POPULAR

CLIMAHEAT(クライマヒート) アディダス史上、かつてない暖かさ…

PRODUCTS | OCT. 9, 2015