FLY連載「Hoop Slang Bot」から「BALL DON’T LIE」TEEがドロップ!

FEATURE | JUL. 10, 2018

プロバスケットボール選手からコーチの道を進む仲西淳が、本誌FLY にて連載中の「Hoop Slang Bot」と、ファッションの生産・販売プレットフォーム「FACTRY」とのコラボレーションが実現!

納得いかないファウル判定の相手がフリースローを落としたときに使うスラング「BALL DON’T LIE」(ボールは真実を知っている)をコンセプトに国内外で活躍するクリエイターDUNKWELL氏がデザインしたTEEは3カラーがラインアップ。

「BALL DON’T LIE」は、90年代後半から00年代、タフなディフェンスと豪快なダンクから3Pシュートまで屈指のオールランドプレーヤーとして恐れられた元NBA選手ラシード・ウォレスがよく使っていたことでも知られている。あえて英文法を間違えているのもポイントだ。

気になる方はFACTRYのウェブをクリック! 限定受注生産で7月31日がオーダーの締切となるぞ!

JUN NAKANISHI x DUNKWELL x FLY MAGAZINE

“BALL DON’T LIE”TEE (WHITE)/¥4,800

ご購入

“BALL DON’T LIE”TEE (CHARCOAL GRAY) /¥4,800

ご購入

“BALL DON’T LIE”TEE (PINK) /¥4,800

ご購入

※こちらは予約商品です。7/12までの購入で8月初旬のお届け、7/31までの購入で8月下旬のお届けとなります。

仲西淳(JUN NAKANISHI)

1982年7月7日生まれ。東京都世田谷区出身。15歳にて単身でアメリカに渡り、東京アパッチでプロキャリアをスタート。bjリーグ、Bリーグ12年のプロキャリアを持ち、今現在はプロスキルトレーナーとし活動する中、再びプロプレイヤーとして3×3プレミアリーグにもGERA.OSAKA.EXEのメンバーで参戦している。バスケットボールスラング用語、”HoopSlangBot”では英語でのお洒落でクールなフレーズをボーラーとしての観点で解説し、違う角度でバスケットボール人気に貢献していく。
twitter: @jwalkballfolife
instagram: @jwalkballfolife

DUNKWELL(ダンクウェル)

東京生まれ。アートディレクター、イラストレーター、グラフィックデザイナーなど、様々な分野で独自の世界観を表現するクリエイター。ストリートカルチャーへの造詣が深く、幼少期は80年代スケートカルチャーの影響を強く受け、中学生の時に出会ったエアージョーダン6をきっかけにバスケットボールへの関心が高まった。DUNKWELL(ダンクウェル)というネームは「ペンキをたくさんつける」という意味があり、世の中に様々なデザインを残していきたいという意志でつけられた。
instagram: @dunkwell.tokyo

FACTRY

MOST POPULAR

新宿アルタ屋上に、3×3専用コート「HOOP/CITY」が9月1日(土…

INFO | JUL. 19, 2018

UNDEFEATED OKINAWA(アンディフィーテッド オキナワ)…

COLUMN | JUN. 1, 2015

「2018 ステフィン・カリー アジアツアー powered by ア…

EVENT | JUL. 13, 2018

あなたの知らないカイリー・アービングについての10の事柄

OTHERS | JAN. 10, 2015