2017.5.19 Fri ミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブ FLY HIGHのセカンドファイトのプレビュー公開!

FEATURE | MAY. 19, 2017

衝撃の結末を迎えたファーストファイトから早1ヶ月、前回同様の4人のチームオーガナイザーによって新たなセレクトも加わったミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブ FLY HIGHのセカンドファイトが5月19日(金)に開催!ファーストファイトを劇的に制したTANA a.k.a. WIZARDによるAsphaltRootsはメンツを一新!惜しくもFIANLで惜敗したNitta氏によるTEAM AKTR、そしてまだまだやり足りていないMr.ANこと横濱のアンちゃんによるTEAM AND1とXBS氏によるRENEGADESがセカンドファイトでどう雪辱を晴らしてくるのか!?注目の対戦カードをプレビューを発表しよう!

FLY HIGHセカンドファイトのGAME1は深夜1:30から!対戦カードはXBS氏によるRENEGADESとNitta氏によるTEAM AKTRに決定!それぞれ「屈強を越えたストリートボール・ウォーリアー 」SOGEN、「成長株筆頭のニュー・トウキョウエース」KIKUとファーストファイト出場ボーラーをチームのキーマンに据えて、新たにスコアラーとハードワーカーとして「無尽蔵なスタミナを誇るアジリティモンスター」YASUOと「鉄壁のショーストッパー」Kyle、「日本ストリートボールシーンのベイビーシャック」KOJIと「浪速の口撃番長」番長という全マッチアップで拮抗した攻防が予想される!TOKYO BEASTからの脱退が発表されてからKIKUが、FLY HIGHのゲームでSOGENと対戦することとなった!

続くFLY HIGHセカンドファイトのGAME2は、GAME1が終わり次第すぐに開催!対戦カードはMr.ANこと横濱のアンちゃんによるTEAM AND1と、ファーストファイトを制したTANA a.k.a. WIZARDによるAsphaltRootsだ!TEAM AND1がファーストファイトに参戦した3人をそのまま固定でセレクトした唯一のチーム。前回の経験値と新エース「期待がかかる横濱ニュースコアラー 」SHUNPEIがさらなる覚醒をみせるか!一方、AsphaltRootsは今一番プレイを観たいと思わせるストリートボールシーンのスター「シーンをネクストレベルに引き上げた業界最注目のファンタジスタ」KYONOSUKEがFLY HIGHに初登場!さらに山形と仙台から「電光石火の東北スラッシャー」SSMと「大躍進中のSOMECITY THE FINAL MVP」BUZZというシーンきっての若手のホープを新木場ageHaに招集!またしてもスモールラインナップでありながらも期待感満載な3人をセレクトしたAsphaltRootsがTEAM AND1のストロングスタイル相手にどう魅せてくるか!?

そして今回のFLY HIGHセカンドファイトのFINALは3:00からだ!今回もチャンピオンプライズとして賞金¥100,000-、そしてさらにMVPにはBeats by Dr. DreからノイズキャンセリングBluetoothヘッドフォン「Beats Studioワイヤレスオーバー イヤーヘッドフォン」の「Unity Edition」が贈呈される!さらにFINAL後には、ageHaドリンクチケットゲットをかけた観客参加型シュートゲーム、FLY HIGH SHOOT OUTも開催されるから、シュートに自信があるキミは奮って参加して欲しい!FLY HIGHセカンドファイトのタイムテーブルは以下のとおりだ!

01:00-01:30 DJ TOSHIYA
01:30-02:10 FLY HIGH Midnight Basketball Fight GAME1
RENEGADES vs TEAM AKTR / MC MAMUSHI / DJ MIKO
02:10-02:45 FLY HIGH Midnight Basketball Fight GAME2
TEAM AND1 vs AsphaltRoots / MC MAMUSHI / DJ TOSHIYA
02:45-03:00 DJ TOSHIYA
03:00-03:30 FLY HIGH Midnight Basketball Fight FINAL / MC MAMUSHI / DJ TOSHIYA
03:30-04:30 FLY HIGH SHOOT OUT / DJ TSUBASA a.k.a JAM
04:30 ARENA CLOSE

日本の国旗をイメージした限定「Beats Studio Wireless」
Beats by Dr. Dre Unity Edition(JAPAN)

各国をイメージしたグラフィック要素を取り入れ、Beatsのメタリックブラックバンドを使用。ブラックバンドは、デザイン面でもコンセプト面でもすべてのエディションを結び付ける統一要素としての役割をはたしています。ほかにも、アダプティブノイズキャンセリングのほか、20時間駆動のリチャージャブルバッテリや音声リモートコントロールといった機能も搭載。デザインが楽しめるうえに、パワフルなサウンドで音楽を視聴することができます。

Beats by Dr. Dre


2017.5.19 Fri ミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブ FLY HIGHのセカンドファイトの模様がFRESH!にてリアルタイム配信決定!

来る5月19日(金)にセカンドファイトが開催されるミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブ FLY HIGH!なんと今回のゲームの模様がFRESH!に新たに開設されたageHa TVにてリアルタイム配信されることが決定した!

オリジナル番組を生配信するチャンネルであるFRESH!に、今年で15周年を迎える国内最大級のエンターテイメントスペースageHaが実験型ストリーミングチャンネルageHa TVを開設!注目のFLY HIGHの模様のリアルタイム配信は、5月19日(金)の1:00から3:30を予定!残念ながら今回会場に足を運ぶことができないストリートボールフリークなキミも、このFRESH!のageHa TVからの現場からの生配信でageHaとFLY HIGHの雰囲気を少しでも味わって欲しい!


2017.5.19 Fri ミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブ FLY HIGHのセカンドファイトでは、ageHaドリンクチケットゲットをかけた観客参加型シュートゲーム、FLY HIGH SHOOT OUTも開催決定!

FLY HIGH セカンドファイトのFINAL終了後の3:30から、FLY HIGH参戦のボーラーたちがプレイしたageHaのARENAに設置された特設コートを舞台に、3人一組で誰でも参加することができるゲームである。FLY HIGHが設定した制限時間内にコート内にマークされた5つのスポットからのシュートを3人で協力し1から5まで順番に決めることができれば、ageHaのバーで活用することができるドリンクチケットをゲットすることができる!是非このFLY HIGH SHOOT OUTでゲットしたドリンクチケットでレディーに一杯奢ってあげよう!ルールは以下の通り!

FLY HIGH SHOOT OUT ルール

①3人一組をつくろう!

②FLY HIGH特設コート内にマークされた1から5までのスポットを順番に、ひとつのボールで3人で協力してシュートを決めよう!3人で順番にシュートを打っても、シュートに自信がある1人がシュートを打って2人がリバウンドとパスに専念してもOK!

③FLY HIGHが設定した制限時間内に1から5までのスポットのシュートを全て決めることができれば、ageHaのバーで活用することができるドリンクチケットをゲット!


2017.5.19 Fri ミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブ FLY HIGHのセカンドファイトの模様がFRESH!にてリアルタイム配信決定!

来る5月19日(金)にセカンドファイトが開催されるミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブ FLY HIGH!なんと今回のゲームの模様がFRESH!に新たに開設されたageHa TVにてリアルタイム配信されることが決定した!

オリジナル番組を生配信するチャンネルであるFRESH!に、今年で15周年を迎える国内最大級のエンターテイメントスペースageHaが実験型ストリーミングチャンネルageHa TVを開設!注目のFLY HIGHの模様のリアルタイム配信は、5月19日(金)の1:00から3:30を予定!残念ながら今回会場に足を運ぶことができないストリートボールフリークなキミも、このFRESH!のageHa TVからの現場からの生配信でageHaとFLY HIGHの雰囲気を少しでも味わって欲しい!


2017.5.19 Fri ミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブ FLY HIGHのセカンドファイト TANA a.k.a. WIZARDセレクトによるAsphaltRootsボーラー発表!

新木場ageHaとFLY Magazine、そしてMC MAMUSHIによるタッグによって開催される真夜中のストリートボールゲーム、ミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブと銘打ったFLY HIGHの注目のセカンドファイトは5月19日(金)!注目の今回参戦のチームオーガナイザーによって選出されたボーラーの発表だ!最後のひとつは、前回のファーストファイトで出場4チーム中一番スモールラインナップを組み、それでも激戦を見事ブザービーターで制しFLY HIGH初めてのチャンピオンを見事勝ち取ったTANA a.k.a. WIZARDによるAsphaltRoots!

日本を代表するレジェンダリーなボーラーであり、SOMECITYリーグのオーガナイザー、ballaholicのディレクターとさまざまな表情でストリートボールのアイコン的存在であるTANA a.k.a. WIZARDは、このセカンドファイトでボーラーラインナップを一新!今のシーンでずば抜けた人気とプロップスを誇るあのファンタジスタを中心に、さらには山形と仙台からシーンきっての若手のホープ2人を招集したのだ!狙うはもちろん最高のインパクト!どこが勝ったかよりも、アイツのあのムーヴがヤバかったというインパクトをストリートボールで体現することを目指すTANA a.k.a. WIZARDによるAsphaltRootsはセカンドファイトでももちろん最注目チームだ!

KYONOSUKE(F’SQUAD)
シーンをネクストレベルに引き上げた業界最注目のファンタジスタ

ファーストファイトでAsphaltRootsを見事ブザービーターで初めてのチャンピオンに導いたMVP、KOSUKEを「業界最注目!サイズを超えるballaholicの新星」と紹介したが、このKYONOSUKEは今の日本のストリートボールで最も注目されているスターボーラーであり、今一番プレイを観たいと思わせるストリートボールである。TANA a.k.a. WIZARDが地元青森弘前に帰省中のKYONOSUKEで出会って数年で、その逸材はシーンのリーダーであり主役にと成長を遂げた!まだまだ高みを目指し続けるファンタジスタKYONOSUKEの至極のムーヴがFLY HIGHに集まる新木場ageHaの観客をどれほどまでに盛り上げるのか!?今回のFLY HIGHの最注目ボーラーである!

SSM(S.H.U SENDAI)
電光石火の東北スラッシャー

山形出身の93年生まれ。ストリートボールではS.H.U SENDAIの一員として、また日本と世界のストリートボールをコネクトする独自のコミュニティでありクリエイティブ集団であるSpaceBall MagのBANG LEEに師事し、日本全国はもちろんのこと、ベニスビーチで行われているVBL WORLD GAMESや海外ゲームにも積極的にチャレンジ。卓越した身体能力とスピードに独自のステップでのアタックは必見!現在プロリーグ入りにチャレンジ中でありながら、若手のホープのひとりとしてTANA a.k.a. WIZARDから招集されたSSMが山形からこのFLY HIGHに参戦!

BUZZ(GENKI)
大躍進中のSOMECITY THE FINAL MVP

TANA a.k.a. WIZARDが最後に招集したのは仙台が誇る最強の東北ストリートボール、SOMECITY 2016-2017 THE FINALも制したGENKIのエースでありMVPも獲得したBUZZ!膨れ上がるほどに鍛え上げられたフィジカルと野性味溢れるバイブス、そして果敢にアタックしてくる得点能力はSOMECITY THE FINALでも全国随一であることが証明されたばかりだ。TEAM ballaholicの一員としても日本全国、また海外チャレンジも参戦している今の日本ストリートボールの最重要ボーラーのひとりが早くも仙台からFLY HIGHに参戦となる!

ballaholic


2017.5.19 Fri ミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブ FLY HIGHのセカンドファイト NittaセレクトによるTEAM AKTRボーラー発表!

新木場ageHaとFLY Magazine、そしてMC MAMUSHIによるタッグによって開催される真夜中のストリートボールゲーム、ミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブと銘打ったFLY HIGHの注目のセカンドファイトは5月19日(金)!注目の今回参戦のチームオーガナイザーによって選出されたボーラーの発表だ!2チーム目はバスケットボールブランドとして革新的なデザイン力を発揮し続けるAKTR(アクター)の主宰、Nitta氏による今回のTEAM AKTRの布陣を紹介しよう!

4月16日のFLY HIGHファーストファイトでは1回戦ではTEAM AND1を29-28と僅か1点差で退け、FINALではAsphaltRoots戦では同点の中、残り1.3秒でのジャンパーをブザービーターで沈められ惜しくもファーストファイトのチャンピオンを逃したTEAM AKTR。ファーストファイトではスコアリングリーダーとしてシュートの雨を降らせ続けたKIKUをキープし、新たに強力なフォワードを2人招集することとなった!

KIKU(REPUBLIC)
成長株筆頭のニュー・トウキョウエース

日本ストリートボールの最前線、東京。これまでさまざまなエースを排出してきたが、今の現場のトウキョウエースがこのKIKUである!これまで活動を共にしてきたTOKYO BEASTの脱退がつい先日突如発表され、新たなチームの構想を進めているこのスコアラー。国内ゲームの優勝決定戦には必ず絡んでくる業界のキーマン的存在として最注目のスコアラーは前回のFLY HIGHでも大暴れ!抜群のシュートセンスを磨きに磨いた得点能力はシーン随一。シュートの雨を降らすトウキョウエース、今度こそTEAM AKTRの存在感を示してチャンピオンを勝ち取ることはできるか!?

番長(420)
浪速の口撃番長

TEAM AKTRの2人目に登場は、大阪ストリートボールを経て今現在は拠点を東京に移し、420クルーのメンバーであり、そしてAKTRブランドの一員でもある「浪速の口撃番長」こと番長が満を持して登場することとなる!188cmのサイズに奇抜なルックスで否が応でもコートで目立つこの番長最大の魅力は、チームに献身的に身体を張って尽くす大黒柱的なプレイと、そしてプレイよりも先に出ているトラッシュトーク、口撃にあるだろう。チームメンバーを鼓舞して、相手チームは関西弁全開でゲーム中にもいじり倒す。一方でDFやリバウンド、ルーズボールに飛び込むガッツはシーンでも一目置かれている安定感も兼ね揃える。今回のTEAM AKTRのバイブスマンであることは間違い無し!

KOJI(KIDROC)
日本ストリートボールシーンのベイビーシャック

Nitta氏セレクトによる最後の一人は意外な人選となった!東京ストリートボールシーンで今や一番の実力を発揮していると呼び声高いKIDROCの2大エースの一角が登場だ!182cmに98kgの重量でありながらも、インサイドではビッグマンをなぎ倒し、アウトサイドでもガードプレイヤー顔負けのスキルを持つストリートボーラーとして最強形態に近いパフォーマンスを誇る「日本ストリートボールシーンのベイビーシャック」KOJIが選ばれた!かのNBAレジェンドであるシャキール・オニールのような存在感を発揮するボーラーは各国でベイビーシャックと呼ばれる中で、今の日本のストリートボールシーンのベイビーシャックは間違いなくこの男である。今回のFLY HIGHセカンドファイトで最も凶悪なボーラーがTEAM AKTRの最後のひとりを締めくくる。

AKTR


2017.5.19 Fri ミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブ FLY HIGHのセカンドファイト Mr.ANセレクトによるTEAM AND1ボーラー発表!

新木場ageHaとFLY Magazine、そしてMC MAMUSHIによるタッグによって開催される真夜中のストリートボールゲーム、ミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブと銘打ったFLY HIGHの注目のセカンドファイトは5月19日(金)!注目の今回参戦のチームオーガナイザーによって選出されたボーラーの発表だ!3組目の発表は、横濱のビッグストリートボールチーム、Team-Sを束ねるストリートボール業界のドンであり兄貴、Mr.ANこと横濱のアンちゃんによるTEAM AND1!

4月のファーストファイトでは、GAME1でTEAM AKTRと見ごたえのある熱戦を演じたTEAM AND1であったが惜しくも1点差で惜敗。この結果に火がついたMr.ANことアンちゃんはセカンドファイトも前回と同じ布陣で臨むことをゲーム敗退後から決めていたという!ニュースコアラーSHUNPEIが覚醒したように見えたファーストファイトからどう進化しているか、またハードワーカー2人も同様にどう得点に絡んで来るのか、その戦術にも注目である!

SHINPEI(Team-S)
激高する横濱ストリートボールの闘将

Mr.ANこと横濱のアンちゃんと同じ横濱Team-Sのメンバーであり、右腕的存在が闘将SHINPEIである!神奈川を代表するストイックなボーラーとして知られ、そのずば抜けた身体能力と鍛え上げられた体躯から繰り出される抜群の跳躍力、相手を圧倒するファイティング精神は大ベテランとなった今でも相手チームを震え上がらせる。苦楽を共にしたアンちゃんのファーストピックアップであり、ゲームのファイト感をさらに燃え上がらせるSHINPE。今回こそはアンちゃんに、TEAM AND1に勝利をもたらすことはできるか!?

SHUNPEI(Team-S)
期待がかかる横濱ニュースコアラー

FLY HIGHファーストファイトでは、終始TEAM AND1の得点をほぼ一人で獲り続けた横濱Team-Sが期待を寄せる新たなエース候補SHUNPEI!サイズはそこまでなくとも頑丈そうなフィジカルに、非凡なシュートセンス、勝負どころでの決定力をすでに兼ね揃えている若きスコアラー。まだまだシーンにとっては未知数なルーキー。前回を超える覚醒に期待がかかるフレッシュマン!この男の出来栄えがゲームの勝敗に大きく影響することだろう。

NARUSE(KIDROC)
圧倒的支配力を発揮する不屈のハードワーカー

日本一の激戦区である東京ストリートボールシーンにおいて、最も危険なハードワーカーがNARUSE!188cm/82kgの体躯でコート上を動き回り、ゲーム全てのルーズボールをもぎり取ってしまうような荒々しい仕事人。泥臭い汚れ役を一手に担い、クイックリリースで放たれるロングショット精度にも定評がある相手チームにとっては非常にやっかいなボーラー。昨年行われたAND1 DTG JAPAN 2016のMVPも獲得。セカンドファイトでは自慢の支配力を発揮することができるかが重要な鍵となる!

AND1


2017.5.19 Fri ミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブ FLY HIGHのセカンドファイト XBSセレクトによるRENEGADESボーラー発表!

新木場ageHaとFLY Magazine、そしてMC MAMUSHIによるタッグによって開催される真夜中のストリートボールゲーム、ミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブと銘打ったFLY HIGHの注目のセカンドファイトは5月19日(金)!注目の今回参戦のチームオーガナイザーによって選出されたボーラーの発表だ!まずはラッパーとしてNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのメンバーであり、クリエイティブ・ディレクターとしてもこれまで東京カルチャーを牽引してきたXBS氏セレクトによるRENEGADESのボーラーを発表しよう!

4月16日のFLY HIGHファーストファイトでは、1回戦でAsphaltRoots相手に2ラウンド終了時には23-17とリードしていたものの、ラストラウンドで逆転され32-28と惜敗したRENEGADES。ファーストファイトでは左手中指をゲーム中に脱臼するも最後まで気を吐いてRENEGADESを牽引したSOGEN a.k.a. Warriorを今回もチームの軸に、新たにスラッシャーとハードワーカーを加えた布陣となった!

SOGEN(TOKYO BEAST)
屈強を越えたストリートボール・ウォーリアー

今や日本中にその名を馳せるダイナミックな東京代表ストリートボーラーであるSOGENが、今回のFLY HIGHセカンドファイトでもRENEGADESの一員として登場!業界随一のビルドアップされた体躯と、そこから繰り出されるとんでもない跳躍力で全てのプレイがハイライトとなってしまう東京ストリートボールシーンの主役のひとり。ストリートボールの本場NYCで与えられたa.k.a.はWarrior。その躍動する筋肉に過激ヘアスタイル、全身に入ったタトゥー、SOGENにしかできない力強い独自のムーヴの数々と、とにかく目を引くオリジナルなトウキョウ・ウォーリアー。ファーストファイトではゲーム中の負傷が大きく勝敗に影響してしまっただけに、今回こそはさらに存分に大暴れしてくれるはずだ!

YASUO(勉族)
無尽蔵なスタミナを誇るアジリティモンスター

XBS氏によるRENEGADESのFLY HIGHセカンドファイト参戦2人目には、千葉柏が誇るユニークでオリジナルな在り方から日本中で絶大な人気を誇る勉族より、とんでもないアジリティでコートを縦横無尽に切り裂くスラッシャーYASUOが選ばれた!高校までサッカーひと筋と全くのノンキャリアながら、その天賦の才能と卓越した身体能力を武器に突如ストリートボーラーとしてシーン登場すると、クラブチームでは国体優勝、単身アメリカ挑戦を経て、僅か10年のバスケットボールキャリアでプロバスケットボール選手までキャリアを築いた逸材のひとりである。スピードに高さはシーン随一、そして観客の注目を一気に集める天真爛漫なキャラクターは真夜中のFLY HIGHでも発揮されるか!?

Kyle(SUNDAY CREW)
鉄壁のショーストッパー

XBS氏によるRENEGADES最後のセレクトボーラーは、東京ストリートボールが一目置く鉄壁のディフェンス力で対戦相手のポイントゲッターを封じ込めるシリアスなハードワーカーKyleとなった!誰が相手だろうと決して気後れすることのないタフなメンタルに、その屈強なフィジカルでこれまで数々のエースを止め相手をを黙らせてきた。FLY HIGHに参戦してくる数々オフェンシブなボーラーたちのアタックにシュートをもろとも弾き飛ばすスタミナ溢れる仕事人が、RENEGADESのストロングスタイルをさらに強固なものにするだろう!

TOKYO 23


業界騒然となったミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブ FLY HIGHのセカンドファイトが2017.5.19 Fri に開催!

新木場ageHaとFLY Magazine、そしてMC MAMUSHIによって去る4月16日(金)に唐突に開催された真夜中のストリートボールゲーム、ミッドナイト・バスケットボール・ファイトクラブと銘打ったFLY HIGHの注目のセカンドファイトの開催が5月19日(金)に迫っている!さらなるパワーアップを仕掛けているというFLY HIGHセカンドファイトの全貌がこれからMC MAMUSHIによって公開されていくぞ!

MAMUSHIだ!五月病なんて言ってる暇がないくらい、5月の東京ストリートボールシーンは一気にオンシーズンに突入している!AND1 DTG JAPAN 2017を皮切りに、SOMECITY TOKYOは2週連続開催、間に今年初のALLDAYも開催される東京ストリートボールのゴールデンウィークの真っ只中、そのトリはFLY HIGHのセカンドファイトで締めくくらせてもらう。

注目の5月19日(金)のセカンドファイトについて、まずはこのゲームの肝のひとつであるチームオーガナイザーについて発表しよう。実はファーストファイトを目撃して、早速チームオーガナイザーになりたいという表明をたくさんもらった。興味を持ってもらえてありがたいことだ。しかもその面々が各界からさまざまでユニーク。ただ、ボーラーを人選することとユニフォームを揃えるのに彼らにはもう少し時間がいる。

一方で、4月のファーストファイトに参戦してくれた4人のチームオーガナイザーたちも雰囲気を理解できて、まだまだやり込める余地があることから5月19日(金)のセカンドファイトも前回同様、横濱Team-SのドンMr.ANことアンちゃん、AKTRブランド主宰Nitta氏、NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのXBS氏、そして見事ファーストファイトを勝ち取ったSOMECITYのオーガナイザーでballaholicの主宰TANA a.k.a. WIZARDの4人に出場オファーを出させてもらった。彼ら4人が前回同様のボーラーをブッキングしてくるのか、それとも一新してくるのかは任せているけど、すでに新たなブッキングに動いてるって噂も聞くからきっとファーストファイトとはまた違った攻防になっていくことは間違いなさそうだ!前回のファーストファイトはTANA a.k.a. WIZARDによるAsphaltRootsがトーナメントを制して、Nitta氏によるTEAM AKTRがファイナル進出、アンちゃんによるTEAM AND1とXBS氏によるRENEGADESは1回戦で熱戦を演じるもそれぞれ惜敗だったという物語の続きを、今回のセカンドファイトでもド派手に楽しみたいぜ!

そして、DJとMCについても新たな候補は頭にあるものの、5月のセカンドファイトも前回同様DJ MIKO、DJ TOSHIYA、そして自分のユニットで挑むことにした。彼らDJ2人のSNS投稿を見ていると、さらにさらに過激に加熱させたいようだ。それはもちろんオレも同じ気持ち。ファーストファイトでのボーラーたちの戦いぶりはリスペクト。あとは演出の部分をソリッドにしていかないとな。ちなみに前回3人だったGOGOダンサーは今回5人に増員予定だ(笑)!前回以上にゲームに華を添えてもらおうと思う。

ゲームルールについても前回と変わらず、3人のみのボーラーでメンバーチェンジなく1ゲーム5分の3ラウンドで戦ってもらう。ボーラー枠を4人にしてメンバーチェンジができた方がいいのではって意見もあったけど、今時点のFLY HIGHに関してはオレは1チーム3人だけでいきたい。選ばれし者だけが出場できるゲームでありたいということと、ゲーム中に自分の出来が良くても悪くてもメンバーチェンジで外に逃したくないんだ。プレイするボーラーにとっては体力的にも精神的にもタフな状況を強いていると分かっているけど、ageHaで真夜中に集まる観客に対してシンプルな魅力をまずは伝えたいからはメンバーチェンジなし。チームオーガナイザーにはフィジカル的にもメンタル的にもキャラクター的にもタフな人選をしてもらいたいし、ボーラーはそれに過激に応えて欲しい。

・1チーム3人編成のハーフコートの3on3ゲーム
・各ラウンド5分ずつの全3ラウンド制
・各ラウンド毎のインターバル30秒
・各ラウンド残り1分からボールがデッドの状態(アウトオブバウンズ、ファウルコール時、得点成立時)になる度に試合時間は止まる
・第1ラウンドはティップオフにてゲーム開始
・ファールアウト、チームファールルールなし
・シュートクロックルールなし
・タイムアウト(30秒)は1ゲームに1回まで取ることができる。申請はボーラーがレフェリーに申し出ることとする
・3ポイントシュートエリアからのシュートは3点、それ以外のシュートは2点、フリースローは1本1点。
・シュート時のファウルはフリースロー2本。リバウンドはなし。ファウルをしたディフェンス側のボールでゲーム再開
・バスケットボールカウントは、シュートの得点がカウントされ、得点+フリースロー1本+攻撃権が与えられてゲーム再開
・オフェンス不成立時、攻守交替はディフェンス側の選手がボールと一緒に3ポイントラインの外に両足で出なければならない
・ヘルドボールは当該者同士でジャンプボールで再開
・ディフェンス側の選手がリバウンドを片手または両手で取り、両足で着地した瞬間からボールを保持したとみなされ、その後に攻守交替が成立するまで(3ポイントラインの外に出ることを)妨害してはならない。スティールまたはカットボールに関してもディフェンスリバウンド時と同じである。
・試合終了時に両チームが同点の場合は、延長線で先制点を上げたチームが勝利

さぁ、ファーストファイトで喰らっちゃったみんなも、見逃していたキミも東京ストリートボールのゴールデンウィークの締めくくりとなる今回のFLY HIGHセカンドファイトをたっぷり堪能してくれ!気になるボーラーブッキング、また新たなコンテンツ発表も続々とあるから引き続き注目して欲しい!

Twitter ReTweet Campaign

FLY HIGH PV をリツィートで5組10名ご招待!

ageHa × FLY Magazine × MC MAMUSHI
ageHa Friday presents FLY HIGH Supported FLY MAGAZINE

Midnight Basketball Fight Club
前代未聞!?真夜中に新木場ageHaで争われるバスケットボール・ファイトクラブが開催決定!

イベント概要

2017.5.19(Fri)
OPEN 23:00/START 25:00~ Till Morning
ADV. ¥2,300- | DOOR ¥2,500- | ageHa Member ¥2,000-

今後の開催日程

4月14日(金)23:00~5:00
5月19日(金)23:00~5:00
6月16日(金)23:00~5:00

MC/DJ

MC MAMUSHI | DJ TOSHIYA | DJ MIKO

主催:株式会社マザーエンタテイメント
会場:ageHa@新木場STUDIO COAST

FLY HIGH Instagram

ageHa
TACHIKARA
G-SHOCK

MOST POPULAR

アンダーアーマーアスリートインタビュー|辻直人が誓うリベンジ

FEATURE | SEP. 12, 2017

ナイキとNBAが 新しいステイトメントエディションユニフォーム初めてコ…

PRODUCTS | SEP. 17, 2017

アンダーアーマーアスリートインタビュー|岸本隆一が挑む新チームでの挑戦

FEATURE | SEP. 19, 2017