桜花学園が3冠を達成!JX-ENEOS ウインターカップ 2016 女子決勝

COLUMN | JAN. 4, 2017

above_a52i9395

12月28日、東京体育館で高校日本一を決めるJX-ENEOS ウインターカップ 2016の女王が決まった。桜花学園がインターハイ、国体に続きウインターカップも制覇、高校3冠を達成した。

above_155a2089

昨年は桜花学園の高校9冠を阻んだ岐阜女子だったが、今年はライバル桜花学園を負かすことは叶わなかった。

above_a52i9808
「⑤藤田(歩)、④石井(香帆)、⑦ファトー(ディヤイ)、3年生になんとか勝たせてあげたかったですが、それが出来なかった。相手のエースがやってくることは分かっていたけど、押さえられなかった」と悔やむ岐阜女子の安江満夫コーチ。

above_a52i9775

ハイピックからダイブさせるシンプルながらもハイレベルなハーフコートバスケットを展開し、逆転優勝した昨年を彷彿とさせる追い上げは観るもの全ての人たちが感動を憶えたことだろう。

above_a52i9602

「5番ポジション、4番ポジションの力の無さ。攻めきれずに、守りきれなかった。詰めが甘いのが今年のウチの実力。勝負は負けたほうが蓄積するエネルギーが大きいと思う。昨年、負けた悔しさのエネルギーは④馬瓜の方が大きかった」と桜花学園のエース馬瓜ステファニーを讃えた。

above_a52i9622

「このウインターカップの優勝は、自分の次のステージに繋がる1勝だと思う」と喜びを噛み締めた馬瓜は、25得点、8リバウンドの活躍。「明らかに私のせいで負けた」とリベンジを誓った去年の雪辱を果たした。

above_a52i9677

男女通じて最多となる21回目の優勝を果たした桜花学園を率いる井上眞一コーチは「負けなかったことは嬉しかったですが、内容はいまひとつ。10点差は付けたかった」と手放しに喜ぶことはなかったが、去年と主力は変わらない今年のチームの勝因を「2年生が3年生になったくらい」と子供たちの成長を認めた。

above_a52i9331

3位決定戦は、エース赤穂ひまわりが24得点、20リバウンドの活躍で昭和学院が勝利を収めた。

JX-ENEOS ウインターカップ 2016 女子結果

決勝戦
桜花学園 67-65 岐阜女子

3位決定戦
昭和学院 67-59 大阪薫英女学院

優勝:桜花学園

優勝:桜花学園

準優勝:岐阜女子

準優勝:岐阜女子

第3位:昭和学院
第4位:大阪薫英女学院

大会ベスト5

馬瓜 ステファニー(桜花学園 #4/3年)

馬瓜 ステファニー(桜花学園 #4/3年)

山本 麻衣(桜花学園 #9/2年)

山本 麻衣(桜花学園 #9/2年)

ディヤイ ファトー(岐阜女子 #7/3年/2年連続)

ディヤイ ファトー(岐阜女子 #7/3年/2年連続)

赤穂 ひまわり(昭和学院 #8/3年/2年連続)

赤穂 ひまわり(昭和学院 #8/3年/2年連続)

高原 春季(大阪薫英女学院 #5/3年)

高原 春季(大阪薫英女学院 #5/3年)

JBA WINTER CUP 2016

MOST POPULAR

ナイキがポール・ジョージのシグネチャーモデルPG1を発表

PRODUCTS | JAN. 16, 2017

あなたの知らないカイリー・アービングについての10の事柄

OTHERS | JAN. 10, 2015

部活生に人気の「GELBURST(ゲルバースト)」シリーズ誕生20年目…

PRODUCTS | APR. 4, 2016

ナイキバスケットボール、カイリー・アービングの 初めてのシグネチャーシ…

PRODUCTS | DEC. 4, 2014