B.LEAGUEメモリアルな開幕カードはアルバルク東京が2連勝!

COLUMN | SEP. 24, 2016

8z2a1828

8z2a1816

_p025930-32371

_p026009-32288

_p025919-32568

Bリーグ開幕「A東京 vs 琉球」の第2戦。A東京が初戦に続いて74-53で琉球を撃破。A東京は、アップテンポなゲームを得意とする琉球を堅い守備で1Qわずか4点に押さえると、4Qにはベンチメンバー全員が出場し、開幕2連勝で最高なスタートを切った。

_p025767-32583

_p025744-32334

_p025959-32506

「琉球は昨日以上にハードにプレーしてくると思っていた」と言う #24 田中は勝因にアルバルクらしいディフェンスを挙げた。2ゲームで31点、9アシスト、7スティールで平均30分の出場は両チームトップ。「シュートは気持ちよく打てていたと思うのですが、ゴール下などもっといい判断が出来ると思った。最後に優勝できるようにレベルアップしていきたい」と目標は決してブレることなく、開幕戦で期待通りのインパクトを残したと言える。

_p025720-32470

_p025734-32412

_p026003-32529

8z2a1977

53点に抑えられた琉球は、#5 マクヘンリーが14点、18リバンウンドで孤軍奮闘。しかし、3Pシュート23.8%含む、フィールドゴール成功率31%と敗因は明らかだ。前日を超える9461人のファンには物足りない不本意なロースコアゲームに終わったかもしれないが、琉球のゲームに対する決して諦めない姿勢や、地元から大挙してやって来たブースターの応援は、Bリーグ開幕戦を最高に盛り上げた。

155a1427

バスケットボールでは異例と言える地上波での生中継は、視聴率5.3%と振るわなかったが、LINE LIVEでの特番は300万人以上が視聴したという。会場でのグッズ販売は1000万円以上を売り上げ、テレビ放送後には24日からのB1クラブの試合のチケットが3時間で2倍以上売り上げるなど、今までの国内リーグでは考えられない反響が起こった。

155a1454

華々しく新リーグが開幕したからと言って、リーグ運営、クラブ経営、選手のパフォーマンスの向上など、一朝一夕では成し得ない。ファンが10年、20年と応援し続け一緒に成長していければこそ、全てのクオリティは上っていくはずだ。24日からは、LEDコートもない、地上波での中継もない本当の意味でのBリーグ開幕を迎える。長く続く本当の戦いが幕を開けるのだ。

8z2a1705

A東京 74-53 琉球
  1Q 16-4
  2Q 16-13
  3Q 22-21
  4Q 20-15

B.LEAGUE OFFICIAL WEB SITE
OFFICIAL FACEBOOK
OFFICIAL TWITTER
OFFICIAL INSTAGRAM

MOST POPULAR

ナイキがポール・ジョージのシグネチャーモデルPG1を発表

PRODUCTS | JAN. 16, 2017

あなたの知らないカイリー・アービングについての10の事柄

OTHERS | JAN. 10, 2015

部活生に人気の「GELBURST(ゲルバースト)」シリーズ誕生20年目…

PRODUCTS | APR. 4, 2016

ナイキバスケットボール、カイリー・アービングの 初めてのシグネチャーシ…

PRODUCTS | DEC. 4, 2014