UNDER ARMOUR Special 琉球ゴールデンキングスホームゲームin東京 Photo Report

COLUMN | SEP. 14, 2014

9月13日(土)@大田区総合体育館にて、昨シーズンのbjリーグチャンピオンチームである琉球ゴールデンキングスが、史上初となる東京でのホームゲームを開催した。

above__DSC3249

日本一のバスケットボールエンターテインメントの東京上陸は、bjリーグ10周年記念事業と銘打って、今シーズンからキングスと10年間のオフィシャルパートナー契約で業界を驚かせたUNDER ARMOURが会場を彩り、約4,000人の来場者で会場は埋め尽くされて、日本一の集客を誇る琉球ゴールデンキングスの名に恥じない話題性があるプレシーズンゲームとなった。

above_8Z2A9790

ゲーム序盤は、アウェイの秋田ノーザンハピネッツが、今シーズン福岡から移籍した#8竹野 明倫、#15リチャード・ロビーの活躍で1Q終了に11Pリードし、ホームのキングスが追う展開になる。前半を同点で折り返すと、両チーム一進一退の攻防が続き、4Qでキングス#3並里 成と、それまでアタリのなかった#5 岸本 隆一の連続3Pで追い上げると、ゲームはオーバータイムに突入。会場のキングスファンの後押しに応えるように、#2ドゥレイロン・バーンズがOTのみで10Pの活躍を見せて、キングスが記念すべき東京でのホームゲームで勝利を収めた。

above_8Z2A9755

いよいよシーズン開幕となる日本のバスケットボールリーグ。統一リーグへ向けた動きは顕著になってきていて、今シーズンから公式にbjリーグとNBLの公式のプレシーズンマッチがおこなわれている。
bjリーグ設立当時は「日本でバスケットボールのプロリーグなんで無理、バスケットボールはビジネスにならない」と言われ、6チームでスタートしたリーグは9年の時を経て、10年目の今シーズンは22チームが所属するリーグへと成長をを遂げた。キングスのようなチームがモデルケースになり、今後も日本のバスケットボールを牽引していくことに、疑う余地はないだろう。


他の写真はコチラ

オフィシャルレポート

琉球ゴールデンキングス
秋田ノーザンハピネッツ

bj league
UNDER ARMOUR

 

MOST POPULAR

2人の若き才能がADIDAS EURO TOURで世界へチャレンジ!

FEATURE | MAY. 27, 2019

「ADIDAS NATIONS TOKYO」の2人が「ADIDAS E…

FEATURE | JUN. 13, 2019

馬場雄大の挑戦「夢のNBA今のタイミングがベスト」

OTHERS | JUN. 17, 2019

2018-19 SEASON PLAYBACK|vol.3 岸本隆一

COLUMN | JUN. 14, 2019